旅先の駅や空港で「少し時間があるけれどどうしよう?」ということ、意外と多いですよね。子連れの場合は余裕をもって行動するから尚更。そんな旅の締めくくりにおススメしたい、気軽に行けて無料で楽しめる「駅近・空港近の旅育スポット」を紹介します。充実した施設も多く、時間をかけてじっくり見学も、もちろんOK。また、お土産など買い物に忙しいママを待つ間、パパとお子さんで訪れるのもいいですよ。

【MENU】
Royce' Chocolate World(北海道・新千歳空港)
エアポートミュージアム「とぶっちゃ」(宮城県・仙台空港)
JPタワー学術文化総合ミュージアム「インター メディアテク」(東京都・東京駅前 JPタワー/KITTE)
ナレッジキャピタル(大阪府・大阪駅前 グランフロント大阪 北館)
つばめの杜ひろば(福岡県・博多駅直結 JR博多シティ アミュプラザ博多)

Royce' Chocolate World(北海道・新千歳空港)

ロイズのチョコレートといえば、北海道で人気のお土産。そのロイズのチョコレート工場が新千歳空港内にあるのをご存知でしたか?ロイズ チョコレートワールドは、ミュージアム、ファクトリー、ショップの3つのゾーンからなり、ミュージアムではチョコレートの歴史や製造工程を子供にもわかりやすく展示。また世界各国のチョコレートの広告やラベルなどのコレクションもあり必見です。
Royce'ChocolateWorld

Royce' Chocolate Worldのファクトリーゾーン。目の前でチョコレートの製造工程の見学ができる

機械

珍しい機械に大人も子供も釘付けに

ファクトリーでは、実際にチョコレートを作っている工場をガラス越しに見ることができます。可愛らしい花や動物柄のチョコなどが出来る工程に、子どもも大人もワクワクすること間違いなし。見学後は併設のショップにも是非立ち寄りましょう。隣接の工場で作られたチョコや、約30種類のミニサイズの生チョコレート(9粒入り)など約200種類のアイテムがあり、ここならではの買い物が楽しめます。Royce' Chocolate Worldは、3階の国内線と国際線のターミナルをつなぐ連絡通路にあります。少しわかりにくいので、予めホームページで場所を確認していくといいでしょう。

旅育ポイント

ミュージアムゾーン

ミュジーアムゾーンは体感型で楽しめる

・子どもの大好きなチョコレートの材料や製造工程が、解説と工場見学で楽しく学べる
・空港にある工場で製造したキュートなチョコレートも販売。お土産にすれば、見たり食べたりする時に、旅の楽しい思い出がよみがえります。
・お手頃価格のチョコレートもあるので、予算を決めて、子ども自身にお買い物をさせてみるのもいいでしょう。

【DATA】
Royce' Chocolate World(北海道・新千歳空港) 

アクセス:新千歳空港ターミナルビル連絡施設3F
営業時間:8:00~20:00 (※ファクトリースペースは、8:30~17:30)
※時期により変動の可能性有