リスボン
直行便だけでなく、乗り継ぎ便もリアルタイムオンライン予約サイトから予約できます(写真はポルトガル・リスボン)
国際線航空券を予約・購入する際、航空会社のホームページや旅行会社のリアルタイムオンライン予約サイトが定着してきました。インターネットでは、リアルタイムの空席状況から航空券の検索、予約、購入までの流れを完結させることができます。購入したい航空券が決まれば、クレジットカード決済完了まで、ものの10分!

オンラインでの購入には他にもメリットがあります。2009年4月からANAやJALでは、航空会社のカウンターや電話予約センターなどで購入する場合に、国際線航空券発券手数料(カウンター・電話共に2,100円)が派生するようになったからです。今後は、これまで以上に航空会社のホームページやオンライン予約サイトなどで購入する機会が増えてくるはずです。

カード決済で格安航空券でもマイルが貯まる

ANAカード
航空会社系のクレジットカードで格安航空券購入でもマイルが貯められます(写真はANAカード)
この数年で一般的になってきたマイルが貯まる航空会社系のクレジットカード。

そのような状況の中、航空会社のホームページやオンライン予約サイトの魅力は、カード決済ができることにもあります。数年前までの格安航空券は、現金もしくは銀行振り込みが主流でしたが、現在では格安航空券でも、クレジットカードが利用できるようになり、ショッピング同様にマイルを貯められることが一般化してきました。

主なオンライン予約サイト

フリーバード
オンライン予約が老舗として2002年にサイトオープンした「フリーバード」
オンライン予約サイトとして利用者に定着しているサイトとしては、「フリーバード」「スカイゲート」「e-tour(イーツアー)」「楽天トラベル」「a-sky(エースカイ)」「トルノス」などが挙げられます。これらのサイトでは、全てインターネット上でのカード決済が可能です。

その中でもオンライン予約の老舗サイトで、「フリーバード」を運営する株式会社ワールドトラベルシステムにお話を伺ったところ、取扱額は年を追うごとに増加しつつあるとのこと。ガイドもそうですが、インターネットで航空券を購入することに抵抗がなくなった人が多くなったと思います。

どのくらいのマイルが貯まるの?

UAクレジットカード
ユナイテッド航空のクレジットカードでは、追加年会費の支払いで100円=1.5マイル貯まります
実際にクレジットカードで航空券を購入するとどのくらいのマイルが貯まるのでしょうか?カードの種類によっても異なりますが、100円=1マイルが一般的です。中には200円=1マイルや100円=1.5マイルのカードもあります。

100円=1マイルで計算すれば、10万円の航空券の購入で1,000マイルが貯まることになります。飛行機に搭乗した時にもらえるフライトマイルに加えれば、1回の海外旅行でより多くのマイルを貯めることができます。

更にANAカードJALカードで、それぞれの会社の航空券を航空会社のホームページや予約センター、市内・空港カウンターでの購入すると、通常の倍のショッピングマイルが貯まります(ANAカード「ANAカードマイルプラス」、JALカード「JALカードショッピングマイル・プレミアム」)。最大で100円=2マイルが貯められることから、より多くのマイルを獲得することができます。

限度額が足りない場合には一時的にアップを

数万円の航空券であれば問題ありませんが、高額決済になる場合、他のショッピングも含めたカード利用限度額をオーバーしてしまう可能性もあります。事前にオーバーしてしまいそうな状況がわかっていれば、一時的に利用限度額をアップすることができます。

カード会社に電話をして、航空券購入や海外旅行でのホテルやレストランなどの支払いなど使用目的を明確にし、限度額をいくらアップさせたいのかをお話しすることで、これまでの支払い状況などを考慮した上で承認されます。ここでは、少し余裕を持った限度額のリクエストをお願いすることをおすすめします(例:10数万円オーバーしそうであれば、20万円の枠をリクエストする)。これで、高額のカード決済も安心です。ただし、限度額を一時的にアップした分については原則、1回払いのみとなりますので、計画的な利用が必要です。

時価旅
好きな便・ホテルが選べてリアルタイム予約が可能なツアー予約サイト「時価旅」トップ画面
今回紹介したように、航空券のオンライン予約が定着してきました。

そして、航空券のオンライン予約は更に進化していきます。前述の「フリーバード」では、お好きな航空会社・便が選べ、更にホテルも指定でき、航空券・ホテル共にリアルタイムで空席確認・そして予約ができる海外ツアー予約サイト「時価旅(じかたび)」を2008年にオープン。今後もインターネットでの航空券購入・ツアー予約が発展することは間違いなさそうです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。