空港で座席指定をする場合や免税店で買い物したい場合は2時間半~2時間前

成田空港(自動チェックイン機)
自動チェックイン機で利用で搭乗手続きもスムーズ(写真はANAの国際線自動チェックイン機)
ここからは成田空港を例に、ガイドが考えるシチュエーション別の空港到着時間の目安についてです。

まずエコノミークラス利用の場合で、座席指定が出来ない航空券をお持ちで空港で座席が決定される場合などでは早めにチェックインをすることで希望の座席を確保できる可能性が高くなるので、航空会社によってもチェックイン開始時間が異なりますが(ANAやJALではチェックインカウンターの空いている時間であれば当日の全便がチェックイン可能)、2時間~2時間半前に空港に到着することをおすすめします。特に連休初日やビジネスマンの出発が多い日曜日・月曜日は混雑が目立ちます。

ANAやJALなどの日系の航空会社ではカウンターの数も多く、自動チェックイン機を利用できる航空券であれば、それほど長い行列になることもなく、比較的スムーズにチェックインができますが、便数の少ない航空会社ではピークの時間帯になるとチェックインだけでも1時間近く要する場合もあります。ガイド自身も数年前に外国籍のエアラインで2時間近く前に到着したにも関わらず、チェックインの行列で1時間かかり、どこにも寄ることができずにゲートに直行したこともあります。特に免税店での買い物をゆっくりしたいと考えているのであれば、2時間半前を目安に空港へ行ってみてはいかがでしょうか。


空港で特に立ち寄る必要がない時は1時間半前

成田空港(スカイチーム)
成田空港第1ターミナル北ウイングの航空会社別のチェックインカウンターの案内板。特に共同運航便(コードシェア便)利用時のターミナル間違いには注意!
もし、空港内で特に立ち寄る場所がなければ、出発の1時間半前に空港に到着すれば十分かと思います。特に外国籍の航空会社のチェックインのピークは2時間前。1時間半前~1時間前になると、急激にチェックインカウンターの列が短くなります。

スムーズにチェックインができれば、保安検査場・出国審査を済ませても、搭乗開始まで30分程度はあると思います。旅慣れた人は出発1時間半前に空港に到着することが多いようです。ガイドは、空港の免税店や書店などでゆっくり買い物をしたい時などは2時間前、特に空港で用事がない時や朝早い便の時、仕事帰りにそのまま乗るときなどは1時間半前に空港に到着するように心掛けております。


リスクを背負う覚悟で1時間前

最後にあまりおすすめできませんが、仕事などの都合でどうしてもギリギリになってしまう場合で1時間前に駆け込む人もおり、空港第2ビル駅や成田空港駅からスーツケースを持って、ダッシュでチェックインカウンターに向かう光景も見られます。

電車利用であれば1時間10分前に到着する電車を選べば理論上は間に合いますが、万が一遅れが生じた時などは飛行機に乗り遅れてしまうことも考えられます。リスクを背負う覚悟が必要で、乗り遅れるとキャンセル料はもちろんの事、旅行自体が台無しになってしまう場合もありますので、やはり1時間半前に到着するようなスケジュール作りが必要だと思います。


航空会社によって、また空港や便によっても、最終的にチェックインを締め切る時間は異なります。どちらかと言えば、アメリカ系の航空会社は特に厳しいとガイドは感じております。今回は日本の空港から出発するケースを取り上げましたが、海外での空港(特にアメリカ)では、行列で並んでいる間にチェックインの締め切りの時間になってしまい、搭乗できなかったケースも発生しておりますので、やはり時間と心に余裕を持って空港へ向かっていただきたいと思います。

【関連リンク】
ANA「空港でのお手続き(国際線)」
JAL「各種チェックイン方法(国際線)」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。