民宿は全国に数々あれど、本サイトガイドと雑誌「旅」編集長とで「いい宿」について雑談中、思わず一致したベスト3をご紹介します。いずれも、地元の旬の海産物を使いながら美味しい料理を出してくれる「料理自慢」の民宿です。
名付けて「民宿御三家」。


民宿かいとく丸(西伊豆)

西伊豆の南、松崎町岩地温泉は、穏やかできれいな海岸と東洋のコートダジュールを思わせるオレンジの民家の屋根が特徴。その名の通り元一本釣り漁網元の民宿で、網元の名残ある母屋と客室のある別館から成る。清潔に保たれた館内と小さいながら檜の内風呂が気持ちいい。お待ちかねの夕食は、地元の定置網でかかった魚介を和洋仕立てで。秋・冬は平目や伊勢海老が美味しい季節! 朝ご飯も自家製サラダに干物、有機米を炊いたご飯。

【DATA】
・静岡県賀茂郡松崎町岩地363
・0558-45-0365
・1泊2食付(税別) 8500円、10000円、13000円(伊勢海老)、15000円(伊勢海老・鮑)
・ホームページ ファンクラブのHP


料理民宿さんなみ(能登)

能登でしか食べられない郷土料理、伝統料理にこだわりを持ち、数十種類の漬物は多くのリピーターが絶賛。能登ならではの魚醤「いしり」を使い、天日干し自家製コシヒカリとイカを炊き込み、はんつきにして竹串に刺して囲炉裏で焼いて食べる海餅もさんなみオリジナル。日本海を望む丘の上にある白壁黒屋根の民宿は、3室しかありませんが、能登の旬の魚を焼きながら飲む酒が格別の宿です。

【DATA】
・石川県鳳至郡能都町矢波27-26-3
・0768-62-1111
・1泊2食付(税別) 8000円~15000円(大人2名より受付)
・ホームページ http://www.noto.ne.jp/sannami/


割烹の宿美鈴(紀伊長島)

その日あがったばかりの地の魚を主役に、漁師兼名料理人のご主人、中野さんがさばく料理のオンパレード。秋の「からすみ」はリピーターをとりこにし、冬の鯖寿司の美味しさには涙が流れる。名物サザエに宿るヤドカリの刺身はほたてのようにとろり。焼け石を入れる朝の磯汁を食べれば南紀の味覚を一日で満喫できる。神話の舞台「熊野古道」の入口、東紀州・紀伊長島へ行こう!(一日4組限定、小さなお子様向きではありません)

【DATA】
・三重県北牟婁郡紀伊長島町三浦
・05974-9-3031
・1泊2食付(税別) 8000円(休前日10000円)~20000円
・ホームページ http://www.nande.com/misuzu/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。