―◇ INDEX ◇―
 ■ 『白菜キムチ』の作り方:1日目
  ■  『白菜キムチ』の作り方:2日目(P2)



 【 今回のレッスンは、ペチュキムチ。 】

さて今回は、サイドディッシュの定番『ペチュキムチ』。「ペチュ」というのは、白菜のこと。教えてくださったのは、友人の申順雨(シン・スンウ)さん。キムチはお店で買わずに、いつもホームメイドだそうです。尊敬しちゃいます!
あしかけ2日間の作業ですが、思ったよりもとっても手軽に出来ちゃいます。試す価値は絶対にアリ!!では、申さんのご自宅でキムチの漬け方を教えていただきましょう!


材料

白菜 5つ(粗塩・約2~3カップを葉の間にしっかりとすりこみ、1晩置く)
にんにく 2~3コ(目安:白菜1つに対して、にんにく1/2コ程度)
しょうが 1かけ
わけぎ  3束(アメリカに長ねぎがないので。本来は長ねぎを使用)
玉ねぎ  1玉
大根   1本


【 漬け汁用調味料 】

炊いたもち米 1/2カップ(2.5カップの水に浸け、1晩置く)
三温糖   大さじ1
唐辛子粉  4~5カップ(粗挽きのものを。そうでないとおいしくできません)
魚醤    1カップ(アミの塩辛の代わりにいれます。ナンプラーでも可)





作り方・1日目



白菜をきれいに水洗いし、半分に切ります。そして、葉の間に粗塩をすり込むようにふります。一晩置きます。






炊いたもち米1/2カップを2.5カップの水に浸け、白菜と同様に1晩置きます。






一日目の作業はこれで終了。明日のために、ゆっくりとお休みしましょう♪

では、2日目の作業へ。

お手すきの方は、
【韓国料理講座VOL.1 プルコギ編】や、
【韓国料理講座VOL.2 辛味冷やしうどん編】もご一緒にどうぞ。
レシピのほかに、韓国の食事マナーや調味料についてご紹介もしています。