シャツにもジャストサイズ!

クリーニングから戻ってきたワイシャツを手にとってみてください。ほぼA4サイズ大に、きれいにたたまれているはずです。工場でプレスして、たたみ仕上げをするときの型がほぼA4サイズなのだと想像しているのですが如何でしょう。どのクリーニング店から戻ってきても、ほぼ同じ大きさにたたまれています。
ということはファイルボックスが活用できるということ。

試しにやってみるなら安価な紙製のボックスで。
ビニール袋から取り出したワイシャツ2枚をボックスに収めます。このときに衿を交互にずらすのがポイント。衿の位置をずらすことで、厚みを抑えると共に型くずれを予防するのです。
薄手の半袖シャツなら3枚収まることもありますが、無理に詰め込まないようにしましょう。それが出し入れのしやすさにつながりますので。

こうしてボックスに収めたら、クローゼットや部屋にある棚に書類のように並べて置きます。スペースの都合によっては、横に寝かせて2段構えにしてもいいでしょう。
よく着るワイシャツなら、A4サイズのレタートレイでも同じようにしまうことができます(画像下段)。

たたんだシャツがA4サイズというのはガイドにとって、ここ一番の発見!
A4ということは、出張カバンに書類と一緒にシャツも収まるということですよ。ポロシャツや女性のブラウス、カットソーなどオールA4サイズでたためば、出張や旅行カバンの中身を整えやすくなります。
A4って素敵なサイズです。

さらにA4サイズへのこだわりから生まれた収納法をご紹介しましょう。