不要なレシートでも、つい習慣でもらってしまうと整理が追いつかないまま財布に残留。あると思っていた紙幣の代わりにレシートの数々。紙幣を出し入れしているうちに、折れ曲がったレシートが一緒に出てきてしまったりすることも。そこで、お財布からレシートを一掃する工夫をご提案します。

ポーチを使いましょう

これは輸入文具店の書類ケース。通帳より少し大きいサイズでバッグにもスッポリ。留めクチがマジックテープだともう少し仕事が早くて良いのですが。使い勝手の良いマイポーチを見つけましょう。
解決法はいたって簡単。いつも持ち歩くバッグのなかに、小さなポーチを忍ばせておくだけです。

会計精算するときにお財布と一緒にポーチを取り出して、お釣りのお金はお財布へ、レシートはポーチへと収めます。レジの前のひと手間で、お財布にレシートが紛れ込むことはありません。カードで精算するときにもポーチ同伴で明細はポーチ行きです。

これなら使い終わったメトロカードや、大きくて硬い紙の領収書でも大丈夫。時には、使い終わった回数券の表紙とかキャンディーの包み紙とか、手軽なゴミ入れとして代用できてしまいます。 会社で精算する必要経費もこのポーチにまとめておけば、タイムリーに請求できるから便利。家計簿の記帳も同様です。

入出金や振込みをする機会の多い人なら、さらにもう一つ、通帳と請求書を入れる振り込み用のポーチを用意して、必要な時にだけ持ち歩くという方法もあります。 さらにこんな工夫で家計管理をしてみては?