実りの秋のおもてなし

実りの秋
一口サイズの秋の味覚をならべて
実りの秋は、山の幸や海の幸、新米も出回る、まさに美味しいものがたくさんある季節です。シンプルに新米をふっくらと炊き上げたご飯と、丁寧にだしをとった吸い物に焼き魚や煮物や香の物(漬物)。いつもの食卓と変わらない料理でも、器に工夫をこらし秋の草花を添えて季節を感じるおもてなしはいかがでしょう。

しいたけ、しめじなどのきのこたっぷりな炊き込みご飯と、秋刀魚や鮭の秋の味覚を松花堂弁当に少しずつ盛り合わせ、汁物と季節の果物を添えれば、香りと目で秋を感じるおもてなし料理の完成です。

 

秋の味覚の炊き込みご飯でおもてなし

炊き込みご飯のおもてなし
ほっこりした栗の炊き込みご飯、柚子の香りをそえて
しいたけやしめじの独特の香りと風味をいっぱいに炊き込んだきのこの炊き込みご飯や、香りのマツタケご飯。もち米も加えた粘りのある栗ご飯や芋ご飯など。秋は炊き込みご飯をメインにサトイモの煮物や、焼き魚、和え物、お吸い物、香の物(漬物)などの献立で、おもてなし料理を考えてみてはいかがでしょう。

煮物は前日に作りしっかりと味を含ませておきます。当日は炊き込みご飯を炊いている間に、焼き魚、和え物やお吸い物を作ります。食事のあとは和菓子を用意して抹茶や緑茶、ほうじ茶での和風のおもてなしを。

マツタケの土瓶蒸しや、シンプルに焼きマツタケに日本酒を添えれば、秋の香りを楽しむ前菜になりますね。

 

きのこ類を使った洋風おもてなし料理

きのこのトマトソース煮
きのこのトマトソース煮と黒米入りごはんのワンプレート
若いお客様のおもてなし料理は、秋の味覚きのこを使ったワンプレートきのこのトマトソース煮を。このような前日に作り置きできる煮込み料理はとても重宝します。当日はグリーンサラダと数種類のチーズやオリーブ、ドライフルーツを盛り付けたオードブルにワインを用意します。


 

秋刀魚を使ったおもてなし料理

秋刀魚
秋刀魚と茄子のオーブン焼き
秋茄子と脂の乗った秋刀魚のオーブン焼きは、トマトとレモン、柚子こしょうの爽やかでピリッとしたソースが美味しさの決め手です。
 

秋のティータイムのおもてなし

栗のデザート
何回もシロップを煮詰めて作るマロングラッセ風・栗菓子
秋のティータイムでおもてなしは、なんといっても栗を使ったスイーツがおすすめです。栗の甘露煮や栗のチョコレートケーキにモンブラン。サツマイモを使ったスイートポテトに大学芋。お気に入りの紅茶やコーヒーで午後のティータイムを楽しみましょう。
栗のデザート
栗のチョコレートケーキ
時には抹茶と栗の茶巾絞りやサツマイモ羊羹などに、紅葉したもみじを添えて、秋の風情を楽しむおもてなしもおすすめです。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。