突然の訪問、とっさのお片付けはシンプル&手短に

掃除機をかけなくても片づいてみえる
「これから行きます」の予告電話をして欲しかったのに、玄関のチャイムが鳴って予想外の来客。こんな日に限って部屋の中がグチャグチャ。

いつ誰が来ても大丈夫と自信があっても、ちょっと気になるのが他人の眼。いいえ、眼だけではありませんよ。

さあ、あなたならどうしますか? とにかく片付けなきゃいけないけれど、何から手をつけたら良いのやら……。そんな時にとっさのお片付けはシンプルに手短に。では早速そのコツをご紹介します。


何はともあれ窓を開ける

普段から換気を充分に。それからお香やアロマで演出を。
部屋には、自分では気付かない色々な臭いがこもっています。我が家はタバコを吸わないし、ペットもいないし臭いなんてありませんと思いがちですが、そんな事はありません。

それならばと、消臭剤や芳香剤で撃退しようなんて思わないでください。もともとある臭いと混ざって逆効果になる可能性大です。

そこで、まずは窓を開けて換気をします。とりあえず空気をきれいにすることで、気分もサッパリします。


床の散らかり物を片付ける

お風呂場の床はいつでも乾いた状態にしておくと良いですよ、カビ予防のためにも。
部屋の中で最も散らかり感を醸し出す場所は床です。

ところが、脱いだ服とか読みかけの雑誌とか、つい空いている床を利用してそこに置きがちではありませんか? それが散らかった感を高めている原因です。

とにかく床に置いてあるモノは少なければ少ないほど宜しいのです。

そこで、床に散らかったモノを大きな紙袋とか箱、なければゴミ袋でも結構。とにかく散らかっているモノを拾って詰め込みましょう。ついでに、玄関で脱いだままになっている靴をキチンと揃えて並べるか、いっそのこと袋か箱に放り込みます。
実に荒っぽいやり方ですが、これが一番手っ取り早い方法です。

こうして拾い集めたモノ達は、とりあえずの避難場所としてお風呂場へ。雨が降っていないときにはバルコニーでも。とにかく視界から遠ざけるに限ります。

さあ、これで部屋の空気も床もサッパリしましたね。いつまでもお客人を玄関前で待たせては失礼。早く家に上がってもらいましょう。

今回はスピード解決で何とか切り抜けたものの、ここまで慌てないためのちょっとした工夫を頭の片隅にいれておくと良いです。