目は口ほどにものを言う」はずなのですが、実は唇の表情次第で目ヂカラをパワーダウンさせてしまうこともあるとか。
口角が1ミリ下がると....、口元がポカンとあいていたら....、唇だけが浮いて見えてしまったら....。自分では気付きにくい、勘違いメイクや油断しきった口元に要注意。
あなたの口元から語られる一言や笑顔が輝くようなリップメイクで、ビジネスでもプライベートでも魅力をアピールしましょう。その仕上がりに差をつけるには、このリップ収納で。

リップは直立で

なんだか変な味、妙な臭いを感じたら、そのリップは期限切れ。処分しましょう。
今使っているリップを使い切る前に、新色が発売されると、つい買い足してしまう。旅行のお土産で頂いたリップも使いかけたまま。そうこうしているうちに、引き出しやメイクボックスの中がリップだらけで、ゴチャゴヤに。
そんなリップのカオスを解消するには、リップを真っ直ぐ立たせて並べるに限ります。
さらに、リップは上下を逆さまにして立たせること。 それは、リップのキャップを外す前に、中の色がわかるようにマーキングをするためです。たいがいのリップにはメーカーの色番号をプリントしたシールがついているのですが、それでは何色かわかりません。そこで、丸シールに色の名前を書いて底に貼っておくのです。
そして、ベージュ系、ピンク系といった色味別のグループにして立てておくと、その日の服やメイクに合わせて選びやすくなります。

立てるのは、リップだけではありません。