引越し、家
引越し料金は安く押えたい、でも重要なのはそれだけではないはず
引越しシーズンの到来ということで、引越し業者選びについての質問が多く寄せられています。そこで業者を選ぶ前に自分はいったいどんな引越しをしたいのか、ということを考えてみましょう。例えば、引越し先は新築でそこに新しい家具・電化製品を入れるつもり、だからきめ細かいサービスができる業者を選びたいとか、少々のキズは気にならないからほどほどのサービスで料金が低く設定されている業者を選びたいなど……。

一般的に業者の知名度やサービスの良さで選ぶと料金は高めに設定されていますし、料金の低さだけで選んだ場合は作業員の数、梱包方法、養生(建物、廊下やエレベータなどの保護)の点において期待はできないかもしれません。このことを念頭におくと、だんだん自分のニーズに合った業者が絞られていくはずです。

ではどんな業者に見積りを頼むにしろ、ここだけは押えておいて欲しい!というポイントをご紹介させていただきます。

まずは基本的なところから

引越し、業者
引越しにトラブルはつきもの。だからきちんと対応してくれる業者を選びたい
業者名、住所、電話番号などが明らかにされていますか?事業内容・規模なども確かめておきましょう。もしあなたがきめ細かい引越しサービスを求めるのなら、やはり引越し専門業者がベストでしょうから。

またこちらが希望する日にち、時間、サービスを必ず守ってもらえますか?午後からと言って夜遅くに現れた、では近所迷惑になりかねません。

トラックのナンバーは何色ですか?

緑色のナンバーなら国土交通省からトラック運送事業者として許可されているトラックです。安心して下さい。ただし、白ナンバーについては、繁忙期に限り陸運支局の許可を得ていれば使用可能です。

約款(やっかん)は何を使用していますか?

引越し、見積り
料金だけにとらわれないで!しっかり契約の内容を把握しましょう。
約款とは事業者と利用者の間の約束事。たいていの引越し業者は国土交通省が制定した基本ルールである「標準引越運送約款」を使用しています。国土交通省に届け出て許可をもらった独自の約款を使用している業者もあります。もちろん違法ではありません。ただ独自のものを使っているということは、それなりの理由があると考えられます。標準引越運送約款と比較してどのようなポイントが違うのかは、確認しておく必要があるでしょう。

次のページトラブルの時には保険がものを言う>>