雨の多い季節、梅雨。そんな時期にお引越しの方は色々と心配だと思います。雨だと荷物はどうなるのか?どんな事に気をつけなければならないか?そんな疑問にお答えします。

全天候型トラック!?

最近はあんまり聞きませんが、昔は平ボディーという屋根の無いトラックで引越しを請け負う業者も結構見かけました。が、最近ではほとんどの業者が全天候型(と当時言われていた)屋根つきの荷台を持つトラックで運搬しています。事前に確認をする必要は特に無いと思います。

雨が降ったらキャンセルできるの?

運送業者の予約をキャンセルできるのは通常2日前(※注1)までです。前日や当日のキャンセルは別途キャンセル料を請求される事がありますので注意が必要です。理由が雨の延期でも、直前や当日の連絡ではキャンセル料を請求される可能性があります。どうしても雨の日に家財道具を濡らしたく無いという方は、マメに天気予報をチェックする事と、業者さんにあらかじめ相談しておいた方が良いでしょう。

※注1:キャンセル料に関しては、約款上の表示はあるものの、約款では運賃部分しか定義されていない為、業者によって様々です。契約の際にきっちりと確認される事をお勧めします。

雨の中どうやって運ぶの?

雨の中の運搬、業者によって様々です。と言うのも、業者によって梱包資材が違うので、対応方法も変わってきます。エアーキャップ(プチプチ)や巻きダンボールなどで完全梱包されている物に関しては、多少の雨でもあまり影響はありません。が、傘を差しては運搬出来ませんので、結局多少は濡れる事になります。建物のすぐ傍にトラックを止められない場合は、雨に濡れる事は必至、覚悟が必要です。気休め程度ですが、毛布やビニールシートを掛けて運搬してくれる業者も有るようです。ご心配な方は業者さんに問い合わせて見て下さい。

雨の日に多いトラブルは次のページ