お墓参り
お墓参りは大切なことです。宗徒が異なっても気にしないでお参りしましょう。
お盆の時期は、一般的に7月13日を入りとし、お盆明け16日までの四日間、行事が行われますが、地方によって時期は違ってきます。関西では8月15日を中心に四日間を一月遅れのお盆として迎えます。

お盆には農作物の初物をお供えするという習慣があり、それらの収穫時期に合わせて旧暦の8月下旬からお盆の行事を行うことも。

ほとんどの会社は、8月13日からお盆休みとして夏休みになるケースが多いのですが、これが月遅れのお盆。この休みを利用して帰省する方も多いので、この時期がお盆として定着されているのでしょう。

今回はお盆を迎えるにあたって、キリスト教、神道のお墓参りの仕方をお伝えします。


榊
榊と一緒に故人の好きだった花をお供えするとよいでしょう

神式のお墓参りのマナー

神式では、故人の毎月の命日や霊祭(みたままつり)にお参りします。この霊祭は「式年祭」と言って、1年祭から3年祭、5年祭、10年祭、20年祭、30年祭、40年祭、50年祭、100年祭を中心にお彼岸、お盆にお墓参りをするのです。

※霊祭を行う日を斎日(いみび)といい、故人の死亡した日から数えて十日ごとに行います。また神道のお墓は「奥都城(おくつき)」と呼ばれています。
  • 水、洗い米、塩、お神酒をそれぞれ神具に入れてお供えするように。故人の好物もOK。
  • 一般的には花の代わりに榊(さかき)をたてること。しかし白い菊(色があまりついていない花)や故人の好きだった花でもよいとガイドは思っています。
  • お線香はお供えしない。
※地域によって風習が違い、またそれぞれの神社で考え方や好みが違ってくるようです。

■お参りの仕方
お墓参りには特別な作法はありません。先ずはご先祖様に感謝して手をあわせましょう。

  1. 墓地のお掃除。
  2. お供え・ロウソクに火をともす。
  3. 深く一礼、一度手を打つ(柏手)、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)。
  4. 後始末はきっちりと。

お墓参りのポイントは→こちらです。

正しいお墓の磨き方は→こちらです。〔from All About葬儀・お墓〕

キリスト教のお参りは次のページで>>>