地蔵盆
地蔵盆が過ぎ、そして夏が終わる

長い夏休みも終わりにさしかかった頃に、最大で最後のイベント「地蔵盆」が各地域で行われます。みなさんは、この「地蔵盆」についてご存知ですか?私が住む阪神間でもこの時期になると、近所にまつっているお地蔵さんがおしゃれに着飾ってもらっています。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきました。また、北陸地方や新潟、信州では長野市周辺で盛んに行われていますが、東海や関東には、ほとんどないそうです。

今回は、近畿地方を中心とした慣わしである地蔵盆についてお話いたします。


地蔵盆の言われ

地蔵盆とは、子どもの守り佛として古くから信仰されていました。お地蔵さんは民間の信仰の神様でしたが、仏教に属する地蔵菩薩であったようです。この地蔵菩薩はお釈迦様が入滅してから未来仏の弥勒菩薩がこの世に現れるまで、人間界のみにあらず地獄・飢餓・修羅・畜生・天といった六道すべてにおもむき、人々を救済しました。

平安時代以降に阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰が民間に広がり、道祖神と同じように村を守る役割も果たすようになります。そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神ともなり、現在にいたっています。

そこから全国に地蔵菩薩が広がり、それぞれの道端にも石地蔵が見られるようになったのです。しかし地蔵盆のように盛大にお祭りするところはおもに関西周辺に限られています。

関東には定着しなかった地蔵盆

地蔵盆は、なぜ関東に定着しなかったのでしょう。それは、地蔵信仰の歴史のちがいによるもののようです。京都では室町時代に地蔵盆が大流行しましたが、東京では江戸時代になって、やっとお地蔵さんが作られたのです。その上、江戸にはお稲荷さん信仰が盛んだったのです。

地蔵盆はいつ頃するの?

基本的に地蔵盆は、8月は23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。しかし、準備する親や地域の方たちの都合によってこの日の前後の土曜日から日曜日にかけて行われるところもあります。また最近では、子どもが少なくなり2日を1日だけに短縮される場合もあります。

子どもが主役の地蔵盆

地蔵盆
子どもたちの無病息災を願うお地蔵さん
地蔵盆の主役は、子どもたちです。京都では、各町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、お菓子を食べながらゲームなどの遊び、福引きなどが行われます。

また数珠繰り(じゅずくり)や数珠回し、といって玉が大きくて長い数珠を子供達みんなで回す儀式をします。その時に大人もその輪の中に入り、自分たちも経験した思い出を胸に子どもたちと一緒に数珠を回します。

大阪では地蔵盆には地車がでたり、神戸では子どもたちがお地蔵さんめぐりをして、町内の人からお菓子を頂いたりします。(お接待と言います)また数珠繰りはしないところもあります。

私の住む地域では、各家庭の子どもの名前が入った提灯を地区の会館前に吊ってもらい、23、24日の2日間、その提灯の下で盆踊りを行います。そして子どものいる各家庭にお菓子が配られます。


こうして地蔵盆が終わると、夏休みも残り1週間ぐらいです。子どもたちにとって夏休み最大にして最後のイベントが終わります。その頃には、あんなにうるさかった蝉の声はいつのまにか聞こえなくなり、空には入道雲から秋の雲に変わりつつ、夏の終わりの寂しさだけが残ります。

特に、近畿地方の人はこの習慣を全国的なものと思っている方も多いと思いますが、違うのですね。また、住んでいる地域によっても昔ながらの習慣を受け継ぎ、いろいろ違っているようです。

子供がいない地域では、年配の方だけで、地蔵盆を開いていたところもあったそうです。しのびよる少子化問題、習慣も時代と共に変わりつつありますが、失われつつ地域社会の行事を守っていくためにもこの「地蔵盆」大切に受け継がれていってほしい習慣です。


<関連記事・コラム>
・新盆(にいぼん)について
・お盆について


 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。