じつは略語のお盆、そのいわれは?

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したもので、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、お正月と同じく重要な行事の一つとされています。先祖の霊があの世から戻ってきて、また、天に帰っていくという日本古来の信仰と、仏教の行事が結びついたものです。

<参考>
盂蘭盆会:釈迦の弟子であった目連が死んで地獄に落ちた母を、釈迦の教えによって僧侶に食べ物を施し、供養する事によって救う事ができたという言い伝えによるものです。つまり地獄におちて苦しんでいる霊を救うために供養を営むことです。


お盆の期間は地方によってさまざま

一般的に8月13日から16日までを「盆」といいます。お盆の期間は地方によってさまざまですが、7月1日を盆の始まりとする、7月全体を盆の月とする地域などさまざまです。東京などでは7月15日を中心に行うのに対して、農村地区では農作業の関係上8月15日を中心に行われます。また、13日の最初の日を「迎え盆(お盆の入り)」、16日の最後の日を「送り盆(お盆の明け)」といいます。

■お盆の準備
一般的に、お盆を迎える準備として仏壇、仏具を清めておきます。そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)が作られます。

8月13日:夜に迎え火をして祖霊を迎えます。
8月14日:仏壇にお供え物をして迎え入れた祖霊の供養をします。
8月15日:同上。
8月16日:精霊送りの送り火をして送り出します。

<参考>
この送り火は各地域で共同で行われる例も少なくなく、各地の精霊流しや、京都の有名な「大文字送り火」も大がかりな送り火の一つです。

また、精霊棚に供えるものできゅうりで作った馬となすびで作ったうしがありますが、これは先祖の霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、戻る時はうしに乗ってゆっくりと戻っていただこうという願いがこめられているそうです。

最近では、住宅事情もあり精霊棚もおかない家庭も多くありますが、問題ありません。仏壇に飾りを供えたり引き出しの上に並べているところもあります。また、浄土真宗では死者はすべて極楽浄土に往生していると考えるため精霊棚はつくりません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。