悲しい知らせは突然訪れます。事情があってどうしても通夜、葬儀に参列できない場合、弔電を打って、お悔やみの気持ちを伝えるとよいでしょう。宛先は遺族宅へ打ちますが、直接通夜や告別式を行われる会場へ打つ場合もあります。今回はいざという時にあわてない、弔電の送り方をまとめてみましたので、ご参考までに!

 

弔電を送る

弔電
弔電は忌み言葉は避けて、分かりやすい言葉で。
葬儀に参列できない場合は弔電を打ちます。宛先は遺族宅へ打ちますが、直接通夜や告別式を行われる会場へ打つ場合も多いようです。

弔電の宛名は喪主ですが、誰が喪主か分からない時は、「故○○様ご遺族様」とします。差出人はフルネーム入れて打つのがマナー。弔電がたくさん集まるような場合は、居住地、所属する会社や団体名、学校名をつけるとわかりやすいでしょう。

■弔電の申し込みの方法は
祝電と同じで、局番なしの「115」やNTTの支店、営業所、郵便局でも受け付けています。公衆電話からも申し込めますので、訃報を聞いたら葬儀、告別式の前日までになるべく届くように申し込んでください。

午前8時~午後7時 →当日中に配達。
午後7時~午後10時 →翌朝8時以降に配達。

また緊急定文電報の夜間配達の場合は 午後7時~午後10時 →当日中に配達 。※緊急定文電報料340円(税込357円)がかかります。

午後10時~午前6時 →午前6時~午前8時に配達。 この場合は、緊急定文電報料340円(税込357円)に加えて夜間配達料2,000円(税込2,100円)がかかりますのでご注意を。

※インターネットの場合は24時間受け付けOKですが、クレジットカードで決済する方法と、電話番号に電話料金と一緒に請求される方法があるので詳細は、WEBサイトで確認をしてください。

NTT東日本 D-Mail
ウェッブ上から電報を送るサービス「D-MAIL」の案内。
NTT西日本 D-Mail
ウェッブ上から電報を送るサービス「D-MAIL」の案内。

携帯(NTTドコモ)から弔電が打てます。 メニューリスト→辞書/便利ツール→便利ツール→電報iD-MAIL

→郵便局のレタックス
手書き文字やイラストなどをそのままの書面で早く送れ、午後3時頃までに申し込めば、その日のうちに届きます。弔事用の台紙もありますが、詳しくはこちらです。

弔電の文例や使われる主な敬称は次のページで>>>