年賀状はいつ頃からはじまった?

年賀状の由来知ってる?

年賀状の由来知ってる?

この年賀状ですが、平安時代に貴族の間で、新春に歌を詠んでやりとりしたことが始まりだそうです。江戸時代には諸大名が三日に年始の挨拶状を将軍に届けさせたともいわれています。また、下級武士や商人などにも浸透し、遠く離れた親戚や知人に年始の書簡を書き送る風習がすでにあったそうです。

現在の年賀状は、明治時代に官製はがきが発行されたことにより、年頭にあいさつされるようになり、その後、現在のように年賀郵便が取り扱われるようになって広まり、昭和になってから「お年玉つき年賀はがき」が発売され、ますます盛んになりました。

年賀状は誰に出す?

最近、年賀状は虚礼で意味がないんじゃないの、なんておっしゃられる方もおられます。1年に1回、遠方に住んでいる方、普段ご無沙汰している友人・知人に自分の近況を伝えるいい機会ですので、これからも大いに利用していいのではないでしょうか。

普段会社で毎日顔を合わせているからと、会って新年の挨拶をしたほうが楽でいいという考えで、年賀状を出さずに済ませようと思われる方もいます。これは、寂しいですよね。やはり年賀状をもらうとうれしいものです。

出す相手は、前年に年賀状を頂いた方、上司、先輩、友人、知人、仲人、親、親戚、恩師などです。

年賀状はいつまでに届けばいい? そのためには?

年賀状が元旦に届くようにするには、12月の特別扱い期間の15日から25日ごろまでに出さなければいけません。遅くても12月の初め頃には準備に取り掛かりましょう。1月3日までに届くのが理想的。遅くても1月7日がリミットです。

また、私製ハガキに切手を貼って出す場合は、「年賀」の朱書きを忘れないようにします。朱書きを忘れると年内に届けられてしまいます。