銀婚式と金婚式のお祝い

結婚記念日でよく知られているのは、25年目の銀婚式、50年目の金婚式です。夫婦水入らずで、又は家族と一緒に旅行をしたり、親戚や知人を招いて祝宴を開いたりと祝い方もいろいろです。とくに、金婚式などになると夫婦も高齢になっているケースも多いので、子供などの家族が中心になって準備し、お祝いすることが一般的です。

贈り物としては、銀製や金製のスプーンや食器、アクセサリーなどの品や、親戚や知人などを集めての食事会、旅行などが多いようです。特に、旅行などは夫婦が高齢なこともあるので、健康状態も考え無理のない日程を組むことが大事。

また、普段からお付き合いがあり、身内以外でもお祝いをする場合があります。このような時は、夫婦の趣味にあった品などが喜ばれます。また、現金でも失礼にはなりません。

贈答様式

表書き
「御祝」「御結婚記念」「祝紙婚式」
「祝金婚式」「祝銀婚式」「金婚式御祝」「銀婚式御祝」

下段に「子供一同」「孫一同」など

水引は紅白、結びは蝶結び、のしつき

お返し
お祝いに対するお返しは原則として必要ありません。
金婚式や銀婚式などで祝宴など開いた場合には、引き出物
を渡します。

表書き
「内祝」「金婚式記念」「寿」、下段に夫婦の名前
水引は紅白、結びは蝶結び、のしつき

<ひとこと>

ちなみに筆者の両親もおかげさまで金婚式を迎え、子供たちで祝宴を開き、旅行をプレゼントしました。両親もとても喜んでくれました。考えると、50年も夫婦をしているなんてすごいことだなーと思います。お互いに尊敬し、助け合い、喧嘩もしながら50年も夫婦でいられたことを人生の先輩として、親としてぜひ見習わなければならないと思いました。