画像
テーブルがきれいだと効率も気分も上々
手早く上手に家事をくりまわすことができる人には共通点がいくつかあって、一つはダイニングテーブルが散らかっていなくてきれいなこと。
会社でも、仕事がデキる人は机の上がきれいじゃありませんか?
テーブルをきれいにすると家事上手はもとより、幸せにさえなれるんです。その意味と家事上手さんのようすをのぞいてみましょう。

【INDEX】
(1) テーブルが呼ぶ幸せな暮らし
(2) 散らかりテーブルが招く不幸な暮らし
(3) きれいなテーブルをキープする術その1
   きれいなテーブルをキープする術その2,3

テーブルが呼ぶ幸せな暮らし

ダイニングテーブルの上は、自分にとっても便利な場所だし、上手に扱えば家族が集いたくなる魅力的な場所です。

食事やティータイムはもちろん、ちょっと書きものをしたり、新聞や雑誌を読んだり、子どもたちの勉強机に、趣味の作業をするときに、またときには招いた友人をおもてなしするスペースになど、「何かをする場」としてはもとより、そこから生まれる「コミュニケーションの場」として、くらしの中でとても大きな存在です。

また、テーブルは効率よく家事するためにも大事なスペース。郵便物やプリント類、カタログやチラシをチェックしたり、アイロンや裁縫の台になったり、子どもと一緒のお菓子づくりもここ。脱水まで済んだ洗濯物をテーブルでたたんで、それから干すと、仕上がりがきれいでアイロンいらずです♪

そしてさらに「きれいなテーブル」のすごいことには、「何もない空間」を目の前にすることで、創造力が豊かになります。情報があふれていないからこそ生まれる無限大のパワーです。


このようにさまざまな顔をもつテーブルですから、ここを制するものは暮らし上手。楽しく暮らせることにつながり、つまり幸せになれるのです。

ところが、大活躍できるダイニングテーブルゆえに、ここは散らかりやすい危険ゾーンでもあります。

それでは、散らかったテーブルが招く不幸とは?をみてみましょう~
次ページへ