きれいなテーブルをキープする術

画像
さあ何して遊ぼうかな~。お兄ちゃんが遊びを考え出す達人なのもキレイなテーブルがなせる技かも!
ガイドのまわりにもテーブルがきれいな友人が何人かいますが、その中から今日は三浦さんをご紹介します。

三浦さんは幼稚園児二人のお母さんでもあり、薬剤師さんでもあって、家事に仕事に育児にと忙しい人ですが、ご飯は手作りにこだわったり、家はきれいに保たれていたりと大奮闘中。泣いたり笑ったりの賑やかな日々のなか、家族みんながよい笑顔で幸せそうです。

ダイニングに置かれた大きなテーブルは、突然伺ってもきれいで、そこで過ごすティータイムは友人のあいだでも評判の癒し系です。

どうすればそんな風にテーブルを保てるのか、聞いてみたところ、3つの大きなポイントを話してくれました。


チラシはチラ見、
キッパリが大事

三浦さんのダイニングは、玄関・廊下→キッチン脇(対面)→ダイニング→リビングとつながるつくりになっています。

郵便物は、キッチン脇で即チェック。チラシやDMなどは不要なモノが殆ど。そのままゴミ箱へ移動するので、ダイニングテーブルに積もる事はありません。

「後から見ようとは思わない?」と聞いてみた所、「常に時間がないから、"後で"も無いものと思ってるのよね」とのこと。

「では、ピザなどクーポンつきのチラシは?いつか使えるかもしれないでしょ?」との問いには、「わが家はあまり利用しないし、"いつか"は来ないものよ。」とキッパリ!「思い切りが大事だと思うよ」と話してくれました。


第2,第3のポイントは次ページで!
次ページへ