大根の旬は冬。

一年中いつでも手に入る大根ですが、 晩秋から真冬にかけて、グーンとうまみが増すんです。 葉っぱも皮も食べることができる大根は捨てる部分がありません。
大根を一本買ってきたら、毎日のお弁当作りでも大活躍!
ちょっぴりアレンジを加えて、連続して入れても大丈夫な、 目先のちがったおかずを作ってみましょう。

● 大根のクイック3分レシピ
* 大根のおかかごま和え
  いちょう切りした大根をお湯で茹でたら、水気をしっかりと切り冷ましておきます。 すりごまとたっぷりのおかかをふり、全体にまぶしながら少量のお醤油を加えてざっくりと和えます。

* 大根の中華風ピリ辛炒め
  ごま油を熱したフライパンで、やや細めに切った大根を炒めます。 火が通ってきたら少量の豆板醤とお醤油を加えて、全体にからませながらよく炒めます。 ピリピリッとした辛みが美味で、ごはんがすすみます。

* 大根の甘酢漬け
  薄く銀杏切りした大根をさっとお湯で茹でます。 ざるに取って軽く流水にあてて、水気を切って冷ましたら、 二杯酢にしばらく漬けておきます。 (刻んだ鷹の爪をちらして、ピリ辛味に仕上げれば大人のお味♪)

* 大根の葉のバター炒め
  バターを熱したフライパンで大根の葉の部分を炒めます。 火が通ったら少量のお醤油を回し入れて味をととのえます。 細かく刻んでから炒めてご飯に混ぜ、焼飯風にしてもいい。

* 大根の葉のマヨネーズ醤油和え
  大根の葉はさっと茹でて流水にあて、水気を切って冷ましておきます。 お醤油を加えて練ったマヨネーズでさっくりと和えます。 すりごまやからし、わさびなどをお好みで加えて混ぜ合わせれば、一味ちがった風味を出すこともできます。 味付けは自由自在!

* 大根の皮のきんぴら風
  大根の皮はきれいに洗った千切りにし、サラダ油とごま油を入れて熱したお鍋で炒めます。 火がまわってきたら、砂糖・醤油・酒を加えて煮からめます。 子供向けだったら、やや甘めがいいでしょう。 大人用には、刻んだ鷹の爪を加えてピリッとした刺激を加えて!


● 大根ミニ知識
* 栄養
  ビタミンCと食物繊維が豊富に含まれています。 また、葉に含まれるカロチンや鉄分といった成分は、体を温め体力回復の作用があります。
* 選び方
  表面の色が白くてきめ細かく、ひげ根が少ないもの、そしてずっしりとした重みのあるものが美味しい大根です。




関連サイト~一手間かけて作る大根を使ったおかずレシピ~
*  大根と豚肉の甘辛煮
*  豚バラ肉と大根煮 from おかずレシピサイト
*  大根と豚の角煮 from 男の料理サイト
*  ぶり大根 from 男の料理サイト
*  ぶり大根 from 料理のABCサイト
*  いかと大根の煮物 from 料理のABCサイト
*  大根飯 from 料理のABCサイト
*  大根漬け from ホームメイドクッキングサイト


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。