爬虫類の保温器具には『暖突』がおすすめ!

使えるペットは限られているものの、これから暖房器具を買う予定の人にはぜひ検討して欲しい「暖突」です。

使えるペットは限られているものの、これから暖房器具を買う予定の人にはぜひ検討して欲しい「暖突」です。

去年の冬は暖冬でした。でも、やっぱり夜は冷え込みましたので、冬眠しかかった小さなペットも少なくなかったのではないでしょうか(我が家でも、メガネヤマネが冬眠しかかって大慌てしていました)。

今年の冬も暖冬になるという噂ですが、それでも暖房器具は用意しておきたいものです。使えるペットが限られているのですが、これから暖房器具を買う方におすすめしたい、安心して使える安全な暖房器具「暖突」を紹介します。

 

遠赤外線ヒーター「暖突」

暖突は、主に爬虫類用に市販されているペット用ヒーターです。爬虫類用ですので、パッケージにはヘビとかトカゲとか書かれているのですが、小さなペットにも使えるヒーターです。

暖突の特徴は、ケージの天井(上部)に取り付けて使うことで、天井と床との距離によりペットを暖める温度が変わります。パッケージには参考例として、環境温度(室温)21.6℃の場合にペット(床)までの距離により温度がどう違うのか表記されています。
 
  温度
環境温度 21.6℃
「暖突」不織布表面 103.9℃
「暖突」下10cm 30.3℃
「暖突」下20cm 26.7℃
「暖突」下27cm 25.5℃

次のページでは、「暖突」のおすすめ理由を紹介します。