桜文鳥
写真協力 : 文鳥Cafe
超強気な女の子でヤキモチ妬きだという、桜文鳥のノエルさんです。ある意味とても文鳥らしい文鳥な気がします。

文鳥

学 名:Lonchura oryzivora
英 名:Java Sparrow (白文鳥は Javanese Rice Bird とも呼ばれる)
分 布:東南アジア
分 類:スズメ目カエデチョウ科キンパラ属
サイズ:13~15cm
寿 命:平均8年

フィンチの仲間では、たぶん1番人気が高く、飼っている方が多いのが文鳥でしょう。人によく馴れ、手乗りにして飼っている方が大勢います。また、1羽で飼っている人よりも複数羽で飼っている人が多いことを考えると、文鳥の魅力は気が付いてしまうと深みにはまりやすいものなのかもしれません。

文鳥の代表的なカラーは頭が黒く頬の白い並文鳥や桜文鳥になると思いますが、真っ白な白文鳥や淡いベージュ色のシナモン文鳥など色変わりが何種類かあります。白文鳥は英名で「Japanese Rice Bird」と呼ばれるそうなのですが、日本で作られた色変わりだという説と中国で作られた色変わりだという説があります。なお、文鳥は江戸時代に中国より輸入されてきたと言われています。

外見の愛らしさからは想像しにくいのですが、文鳥には気の強い一面があります。巣引きはさほど難しくはないのですが、相性が合わない場合には相手を殺す勢いで攻撃することがあるため、慎重に引き合わせる必要があります。

文鳥の飼い方については「文鳥と暮らそう!」をご参照ください。

シナモン文鳥
写真協力 : 文鳥Cafe
ときどきケンカもするけれど、いつも一緒に行動するほのぼのペアだという、ゆずちゃん(左・メス)とくるみ君(右・オス)のシナモン文鳥のペアです。淡い色合いが優しく、人気のカラーなのが納得できます。

シルバー文鳥
写真協力 : もりっこさん。
名前を呼ぶと返事をするチッチ君は、BGM に合わせて速いテンポの曲のときは速めに、スローテンポのときはゆっくりとさえずるという技(?)を持つシルバー文鳥です。

頬黒文鳥
写真協力 : kaorukoさん。
やさしいけれども怖がりで、でも見たがりで、慣れるとべたべた(飼い主さんにだけ)のやさしい子だったというくろちゃんは、頬黒文鳥です。あまりペットショップでもお見かけしない種類ですね。くろちゃんの写真は、アルバム「頬黒のクロちゃん♪」でもっと見ることができます。kaorukoさんのアルバムリストには他の文鳥さんやモルモット、ウサギなどもいますので、可愛い子の写真が見たい人は要チェック!です。

クリーム文鳥
写真協力 : VIVI9120さん。
男の子文鳥には珍しくおっとりやさんで、喧嘩しない子だというクリーム文鳥の千早(ちはや)君。大きな体と嘴がチャームポイントだそうです。千早君の写真や19羽(!!)の文鳥と暮らすVIVI9120さんの文鳥話は、「文鳥ブログ」で見ることができます(ペットショップではまずお目にかかれない幼いヒナの写真も見ることができます)。

クリーム文鳥
写真協力 : VIVI9120さん。
好戦的で彼氏の浮気を許さない気の強い女の子だというクリーム文鳥の福(ふく)ちゃん。チャームポイントはシルエットで、文鳥特有のすらりとしたフォルムが飼い主さんのお気に入りだそうです。背中に少し茶色の模様があるのもチャームポイントかもしれないですね。福ちゃんの写真も「文鳥ブログ」でもっと見ることができます。

ダークシルバー文鳥
写真協力 : VIVI9120さん。
好きになったらしつこく追いかける、恋するストーカーだというダークシルバー文鳥のあんこちゃん。自分に正直な文鳥さんのようです。上のシルバー文鳥と比べると、頭の部分など色が濃いのがわかります。あんこちゃんの写真も「文鳥ブログ」でもっと見ることができます。

上記写真以外の色変わり文鳥さんの写真を探しております。ご協力いただける方は、こちらまでご連絡ください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。