伊豆の洋食店

伊豆は伊豆高原を中心にオーベルジュも多く、熱海には古くから文人たちが通い愛した洋食店があるのも有名な話。地元の素材を取り入れた伊豆ならではのオリジナリティ溢れるメニューに出会えることも楽しみのひとつです。

川奈リゾートミッシェルガーデンコート内にある「ラ・ヴィータ・エ・ベッラ川奈」は、伊豆の美しい海を臨むイタリアンレストラン。プロデュースするのは日本を代表するイタリアンマエストロ・石崎幸雄氏です。食材は地の新鮮魚介をベースにイタリア他世界各国から取り寄せた厳選素材を使用。中世の貴族の館を思わせる外観&店内ですが普段着での利用もOKです。

ラ・ヴィータ・エ・ベッラ川奈
住所:静岡県伊東市川奈1439-1
TEL:0557-44-4555
営業時間:ランチ11:30~14:00(L.O)
カフェ9:00~18:00(L.O)
ディナー17:30~21:30(L.O)

premier.jpg

スパゲッティ 渡り蟹のトマトクリーム (1470円)

地元客をはじめ、別荘族にもファンが多い洋食店といえば「プルミエ」。コック暦20年以上のシェフが思う「毎日食べられる洋食」を目指して開いた小さなお店です。メニューはソースからデザートまでほとんどのものを手作りしていて、化学調味料は使用せず、食材は静岡・神奈川・山梨を中心に国産のものを選んでいます。おいしい食事は常時50種類ほど揃うワインとともに。なお、小さなお店ですので特に休日は予約してから行くことをおすすめします。

ワインとチーズ&南仏風料理 プルミエ
住所;静岡県伊東市八幡野1251-2
TEL:0557-51-5687
営業時間:11:30~14:30(15時閉店)17:30~21:30(LO)
定休日:毎週水曜日、第1・3火曜日(季節営業有り)

「ガラムマサラ」の店内

「ガラムマサラ」の店内

伊豆は海鮮などを目当てに訪れる人が多いですが、夜は旅館で和食のご馳走、なんて日のランチや、連泊中にもふと食べたくなるのが美味しいカレー。そんな時は伊豆高原にある「ガラムマサラ」がおすすめです。小麦粉、カレー粉、砂糖、化学調味料を使わないので胃もたれせず深い味わいながらスッキリした後味が特徴。5種類のカレーは具材を変えるだけでなく、スパイスもスープも変えて初めから別々に作るため、それぞれ味も香りもまったく違います。緑に囲まれたお店で窓からは木々や小鳥を眺めながらゆったりした気分で食事が楽しめます。カレーは1050~1500円。

ガラムマサラ
住所:静岡県伊東市池893-130
TEL:0557-53-5566
営業時間:11:30~15:00、17:00~20:00
定休日:火曜日、第1・第2月曜日(祝日の場合は営業)

森に囲まれ、海を見晴らすレストラン「春陽亭」

森に囲まれ、海を見晴らすレストラン「春陽亭」

季節の花に彩られた2000坪の緑の森に囲まれ、海を見晴らす素敵なレストランが、湯河原に近い高台にあります。手間をかけたソースのコクと、吟味した素材の風味が一体となった奇をてらわぬ正統派のフレンチがいただける「春陽亭」。車でないとアクセスできないのですが、そんな隠れ家的なところもまたお洒落。ゆっくりとした時間を感じながら食事が楽しめる、カップルや記念日をお祝いしたい方にもおすすめのお店です。

春陽亭
住所:静岡県熱海市泉大黒崎270-2
TEL:0557-80-0288
営業時間 11:30~15:30 (14:30LO)
17:30~21:00 (19:30LO)
定休日:火曜日(祝祭日は振替)

昭和21年創業の老舗レストランで、谷崎潤一郎や志賀直哉など多くの著名人が通ったことでも知られる「スコット旧館」(静岡県熱海市渚町12-6/0557-81-4460)はあまりにも有名ですが、ビーフシチューなどの人気メニューを求めて毎日多くの観光客が訪れています。

私自身が熱海に寄るとよく足を運ぶのは「ビストロ・ア・ラ・プラージュ」(静岡県熱海市渚町8-5/0557-85-2929)。ビーチからも近く南仏風のお洒落な店内で、地魚や函南の契約農家から仕入れる有機野菜を使用した本格的なフランス料理を手軽な料金でいただけます(ただし乳幼児は入店不可)。

西伊豆の松崎でおすすめなのは、旬の地の物を素材の味を生かしてフランス料理でいただける「プロヴァンス・ド・すずき」(静岡県賀茂郡松崎町道部103-3/0558-42-3701)。特におすすめはシェフおまかせのスペシャルランチ(3,500円)と、ディナーもシェフのおまかせコース(5,500円)。どんな旬の素材、料理に出会えるかが楽しみです。

南伊豆の下田で出会えるちょっと変わったお店が「いしがまや」(静岡県下田市大賀茂126-1/0558-25-5525)の“ピザバス”。通常は大賀茂の本店で営業していますが、下田市内のいろいろな場所に出勤するので、どこで食べられるかは公式サイトでチェックできます。よくできたバスなので、感心しますよ。ピザも国産小麦と、こだわりの食材や無農薬野菜を使用。本格的な石釜で焼くピザにファンも多いのです。