昭和の時代から残っている数少ない秘宝館

 

 

一般に公開しない大切な宝、あまりおおっぴらにはできないエッチなものを展示している、「熱海秘宝館」。18歳未満は入館できない、大人のための娯楽施設です。熱海城のすぐ近く、相模湾に突き出した半島「あいじょう岬」に隣接しています。

1960年代末から80年代にかけて、温泉観光地などにいくつもの「秘宝館」が作られました。90年代以降になると、団体旅行の減少などもあって多くの秘宝館は閉館。熱海秘宝館は、昭和の時代から残っている数少ない秘宝館の一つです。

展示の内容は、性や性風俗関係の物品・アトラクションなどで、感動するとか、感銘を受けるということはあまりないと思います。ただ、昭和の時代にたくさんの人が訪れた場所であることを思うと、感慨深いものはあります。また、先人の性の営みを知ることで、人間の欲望と生殖について改めて考える機会になりました。

行くのであれば、夫婦や恋人同士、友人同士で連れ立って行かれることをおすすめします。失笑とツッコミで、きっと楽しくコミュニケーションできますよ。


■熱海秘宝館
住所:静岡県熱海市和田浜南町8-15
電話番号:0557-83-5572
料金:1700円
営業時間:9:30~17:30(入館は17時まで)
アクセス:熱海駅より路線バス「後楽園行き」終点下車すぐ(バスターミナル8番)
HP:www.atami-hihoukan.jp

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。