シマリスってどんな動物?

シマリス
見ているだけでも飽きない可愛らしさがシマリスにはあります
ちょこまかとよく動く可愛らしい動物、それがシマリス。リスの仲間で1番多くペットとして飼われているだけでなく、ディズニーのキャラクターなどでも知られています。ペットショップにいるのはペット用のシマリスですが、日本にもエゾシマリスが生息しており、私達の身近な動物でもあります。

身体のしくみ

シマリス
シマリスはげっ歯類の仲間です。ハムスターやウサギのように歯が伸びつづけます。また、ハムスターのようにほお袋を持っており、食べ物をほお袋に入れて運ぶことがあります。シマリスは木の上で暮らすと思っている方がいらっしゃるようですが、それはちょっと違います。シマリスは木に登ることもありますが、地面に穴を掘って巣を作る、地表で暮らす動物です。でも、木登りは得意でジャンプ力もありますので、広いケージに何本か枝を入れておけばあちこちに移動して遊ぶ姿が見られることでしょう。


シマリスの後姿
背中の縞模様もシマリスの特徴です
シマリスの「シマ」は背中の縞模様からついたといわれています。木に登っているときにはこの縞模様が枝に見え、敵に見つかりにくくするためのカモフラージュの役目を果たします。ちなみに漢字だと「栗鼠(りっそ)」と表されます。栗などの木の実を食べることから、この字がついたようです。


-->>次のページは知っておきたい怪我とその予防法についてです。