ペットだけでなく飼い主にも被害が及ぶ悪質な動物病院。
悲しいけれども実際にあるんです。
被害に遭わないようにするために、信頼できる病院を見つけるまでの間どうすればいいのか覚えておいて下さい。

1.ぼったくり

一番トラブルとして多いのではないかと思うのがこれ。
法外な金額を請求してくる場合です。
私が受けた相談では、犬が排便しにくそうにしているからと 動物病院に連れて行ったところ手術が必要と言われ、 1回の手術の費用に100万請求された、というものです。
手術を受けた後も排便はスムーズに行うことができず、 再手術まで受け、薬代なども含め、数ヶ月で300万以上使った後での相談でした。

私が知っている中で一番高額な治療は、犬の股関節形成不全の手術(人工の関節を移植するもの)とリハビリを兼ねた入院半年のもので、これで約100万と聞いています。
知り合いの獣医さん達に聞いてみたものの、排便が困難なことから想定される病気の手術で1回の手術で100万、すぐに再手術を必要として更に100万、なんて手術・治療で一般開業医が行うものを思いつける獣医さんはいませんでした。
1度で100万の手術っていったいどんなものだったのでしょうか?

動物病院は診察や治療、手術にかかる金額が一定ではありません。
例えば予防接種にしたって、同じものでも動物病院によって金額に違いがあるのです。
けれども、こんなに法外な値段はこの相談を受けたときに初めて聞きました。

良心的な動物病院は、病院の待合室などに初診料や予防接種代を書いた料金表をかかげています。
また、手術のときには事前に金額を聞くこともできますので、ぼったくられないように事前に確認をするようにしましょう。
聞いてみて高額な治療費を言われたならば、そのうちわけを聞いてみて下さい。
術前検査に何をしていくら、麻酔代にいくら、と説明して下さるはずです。 その中で必要なのかわからないものやえらく高額なものがあったら、そこを突っ込んで聞いてみて下さい。
それで納得できない場合には、他の動物病院でも診てもらうといいでしょう。

悪質な動物病院の場合、他の病院でも有名だったりしますので、 隠したりせずに「○○動物病院で診てもらってこう言われた」と言いましょう。
先生によりますが、「あそこはねぇ~」と話してくれることがあります。
(私は獣医師の名簿まで引っ張り出して説明をされたことがあります)

Page2: 選ばせない処置
Page3: 副作用のある薬・頼りない夜間診療