苦戦する大学が多い中、大きく志願者を伸ばす青山学院大学

2012年には文系学部すべてを渋谷キャンパスに移転する予定が発表されている青山学院大学

2012年には文系学部すべてを渋谷キャンパスに移転する予定が発表されている青山学院大学

2008年度から2009年度で、大きく志願者を伸ばした私立大学の上位大学を見てみよう。

  1. 東洋大 +9,519人
  2. 千葉工大+7,776人
  3. 青山学院大+7,720人
  4. 芝浦工大+4,893人
  5. 高知工科大+4,436人
18歳人口自体が減少している中、志願者数を減少させる大学もある一方で、上記のように増加傾向に転じている大学もある。それには、様々な要因が考えられているが一つには、新学部学科の設立だ。青山学院大学でもここ数年、旧来の学部の改組改編や、新学部学科が続々と誕生している。最近の青山学院大学の改革状況を見てみよう。
  • 2006年 国際政治経済学部国際コミュニケーションコースを同国際コミュニケーション学科に改組
  • 2008年 総合文化政策学部総合文化政策学科、社会情報学部社会情報学科、経済学部現代経済デザイン学科並びに、それぞれの大学院研究科を設置。また、第二部経済学科、第二部経営学科を廃止
  • 2009年 文学部教育学科と文学部心理学科を教育人間科学部教育学科、教育人間科学部心理学科に改称。第二部教育学科を廃止。経営学部マーケティング学科を設置