(株)キョーリン

キョーリンさんのフードで驚くのは1匹飼いの人のためにと小袋で安価な値段で販売していることではないかと思います。
犬や猫なら500gのフードなどあっという間に食べてしまいますが、ハムスターのように小さな動物では1ヶ月以上も持つ量であり、保存に注意が必要となってきてしまいます。
ところが、キョーリンさんのフードは100gからあるので買いやすく、また、試しやすいフードだと思います。

それだけではなく、ドワーフでも食べやすい硬さに作られているハムスターフードや長期間成分がこわれにくい安定型ビタミンCを配合したモルモットフードにラビットフード、とペットのことも考えて作られています。

(有)ナチュラルペットフーズ

今回のフェアで一番驚くことを教えてくれたのがナチュラルペットフーズさんでした。
その驚いたこととは、プレゼント用にたくさん下さった「おやつスティック」シリーズです。
たぶん、こういったおやつ(ビスケット)ってみなさんお店で見たことはあると思うんですよ。
でも、配合されている成分については知っていましたか?


例に出して説明して下さったのは「さかなのハムビス」だったのですが、このビスケットには魚から抽出した栄養分が粉末になって配合されています。
この「粉末」というのがポイントです。
粉末にすることにより栄養分が凝縮され、配合してある量の約10倍(2gなら20g分!)の栄養を取ることができるのだそうです!
私ぐらいなもんかもしれませんが、そんなことは知らなかったので今日一番勉強させて頂いたのがこれでした。

単なるおやつではなく、ペットのためを考えて作られているんですね。

もうひとつお勧めしたいのは、ペットボトルに入って販売されている「ユースフル」。
保存しやすいだけでなく、鳥類フードには虫がわきにくいようにハーブが配合されています。
そして、驚かされたのはただ保存だけを考えて作られた形ではなかった、ということ。

展示されていたハムは事務所で飼ってる子達でした教えてもらうまで気が付かなかったのですが、このユースフルメニューは一般的な箱に入ったフードの幅があれば4つ並べることができるのだそうです。
これはペットショップ等の販売店さんがスペースを取らずに済むだけでなく、私達買う側に選ぶ楽しみを与える目的があったのです。

言われてみれば、ペットフードを選ぶというのは大変だけれども楽しい仕事。
その楽しみを増やす目的があったなんてちっとも気が付きませんでした。
一本取られた。そんな感じです。

▼ハイペット(株)

一時、倒産の噂のあったハイペットさんですが、新しい商品と共に復活してくれました!

試供品で頂いたフェレットのおやつは、残念ながらうちのフェレット軍団では4匹中1匹しか食べなかったものの、食べた子の気に入り方はすごかったです。
かなり彼女にとってはおいしいおやつだったみたい。
試してみたいところではないかと思います。




今回プレゼント用に頂いた「まんま」シリーズは、個人的には主食よりもおやつとして与えて欲しい商品なのですが、この食いつきの良さは病気のときのために教えておいて損は無いと思います。
病気のときって、私達だって普段の食事は食べたくなくなってしまうことがあります。 そんなときでも大好きなおやつだったら食べられたりしませんか?

ペットも同じです。体調の悪いとき、なんとかして栄養を取らせたいときにペットの好物を知っておけば、それだけ早く栄養を取らせてあげられるというものです。
「まんま」シリーズはおやつではなく主食として市販されている商品です。それだけに、ほんとのおやつを与えるよりもより栄養をとれるはずです。

主食を変えたいとは思わないけど好きなおやつは時々あげたいな。そう思う人には是非試して欲しいフードが「まんま」シリーズだと私は思います。