住みやすさは満点であっても地震大国である日本には、いつ災害が襲ってくるかわからない怖さがあります。 なにも災害は地震に限ったことではありません。台風だってそうですし、火事だってそうです。
残念なことにあなたの一票を見る限りではペットのために備えている方は多くないようですが、 災害時にペットと離れ離れになってしまったら、再会できる可能性は限りなく低いです。 いつ来るかはわからない、こないかもしれない災害ですが、 万が一のときにペットも一緒に避難できるよう、今から準備をしてあげて下さいませ。

▼動物種に関わらず準備しておきたいもの
動物種により準備する避難道具は変わりますが、種類を問わず準備しておきたいものというのがあります。
それは救急セットです。
人間のもので代用できるものもあるのですが、 持病のある子や人間の薬では代用のきかないものは準備しておくべきでしょう。 人間用の救急セットの中にペット用に常備薬や針のない注射器も入れておいて下さい。

▼準備する「モノ」ではないですが・・・。
避難時にとても大切なことがあります。
それは飼い主に慣れていること、です。
災害時には人間同様、いやそれ以上にペットは興奮状態になります。
それを落ち着かせてあげられるのは信頼できる飼い主の声であり、臭いです。
100%は無理であっても、慣れた飼い主に声をかけられ、触れられることで ペットの興奮状態は少し軽減され、落ち着きやすくすることができます。 それにより、ペットのストレスも軽減されますので、 飼い主と一緒なら安心していられる、と ペットが思えるようにベタベタになるくらいに馴らしておくといいと思います。