皆さんが初めて買った、熱帯魚は何ですか? ショップ勤めの頃を振り返ると、ネオンテトラエンゼルフィッシュなどの定番魚を、初めての熱帯魚として買われる方が多かったと記憶している。中には、いきなりポリプテルスなどを購入していく強者もいた…。

ガイド長谷川的考察ですが、初めて飼う魚にふさわしいのは「丈夫であること」。これに尽きます。また水質管理、煩雑な作業や気苦労がないことも大切。飼育経験が未熟なうちは、管理者の飼育スキルのなさを「頑健さ」で補ってくれる魚がちょうどいい。高度な管理を要求される魚は、当然ながら初級者には向かない。

さて、今回は週刊アスキーとのコラボ企画「ランキング帝国」(6月21日掲載予定)で、「初めてでも飼いやすい熱帯魚 ベスト5」を担当することとなった。先ほど挙げた定番魚辺りをチョイスしようかとも考えたが、それでは今一面白みに欠ける…。とは言え、あまりに的外れな種類を挙げるのもどうかと…。

そこで、「丈夫さ」と「美しさ」を兼ね備え、少々サプライズも取り入れた才色兼備な魚を5種類、私の独断と偏見でセレクトしてみた。「これを初心者に勧めるの?」と驚く種類もあるかも知れない。しかし、今回挙げる5種類はどれも水質への適応力もあり、総じて丈夫な種類ばかり。飼育ノウハウを一通り学んだ方であれば、どれも飼いやすい魚と言っていいだろう。

では、長谷川的「初めてでも飼いやすい熱帯魚 ベスト5」を紹介します!

第5位 バタフライ・フィッシュ


バタフライ・フィッシュ

広げた各ひれが蝶のように見えるということから、バタフライと命名された古代魚の仲間。そう、古代からその形質はほとんど変化しておらず、化石として見られる魚種と共通項があることから古代魚と呼ばれる。シーラカンスや、観賞魚としてはアロワナの仲間が有名だが、アロワナは種によっては1m前後に育つ大型種。

本種は、成長しても12cm程とそれほど大きくならず、また水質への許容範囲も高く丈夫で飼いやすい。西アフリカに分布し、普段水面付近に定位している。自然下では落下昆虫を主に食べているが、飼育下では冷凍赤虫やメダカなどを与えると良い。たまには自然に習って、小型の昆虫類を与えてみるのも良いだろう。

小型種でそれほど活動的な種類ではないので、45cm前後の水槽から飼うことができ、手軽に古代の息吹を感じることができる?お勧めの魚。

生息地 :西アフリカ
サイズ :12cm
適合水槽:45cm幅以上の水槽
餌   :冷凍赤虫、メダカ、小型昆虫類
参考価格:2,000~3,000円


第4位 コリドラス・トリリネアトゥス


コリドラス・トリリネアトゥス

口ヒゲがチャームポイント。そして「掃除屋さん」の名称で人気の高いナマズの仲間。これは底に落ちた餌を食べることからのネーミングだ。コリドラスの仲間は非常に多くの種類がいるが、本種は広く普及する一般魚のため、目にする機会も多く安価に販売されている。

基本的に強健な種類なので、入荷後しばらくショップで落ち着いた個体を選べば初心者でも飼育は容易。特にコリドラスは温和で他種を攻撃することは皆無なので、多くの魚と混泳させるのに適している。

下向きの口で、底に落ちた餌を食べるので砂利は細かい砂状のものが適している。餌は、人工飼料を中心に何でも食べる。

生息地 :南米
サイズ :4cm
適合水槽:30cm以上の水槽
餌   :人工飼料、冷凍赤虫
参考価格:300~600円