早分かり! ラスベガスと周辺のエリアガイド

ストラトスフィアタワーから見たラスベガスの夜景

ストラトスフィアタワーから見たラスベガスの夜景

みなさんはラスベガスと言うと何をイメージしますか? きっと行ったことのない人は、「カジノ」でしょう。ラスベガス旅行をしたことない人に、「アメリカに行くのならどこがいい?」と聞かれた場合、ガイドは必ず、「ラスベガス。グランドキャニオンとセットで行けるしね」と答えるのですが、90%以上の人が言うのは、「カジノには興味ない」。

違うんです! 「ラスベガス=カジノ」というイメージは、一昔も二昔も前の話。今は子供からお年寄りまで楽しめる遊園地、つまりラスベガスはディズニーランドみたいな街なのです。カジノはラスベガスの楽しみのほんの10%程度に過ぎません。 テーマホテルと呼ばれる「テーマ」を持ったホテルやショーを見たり、ショッピングをしたり、郊外に遊びに行ったり、ラスベガスはカジノ以外の楽しみがもりだくさん!

ラスベガスの見どころ

ベラージオで行われている無料の噴水ショー

ベラージオで行われている無料の噴水ショー

ラスベガスは、日本人旅行者に最も人気の高いアメリカの観光地の1つではありますが、残念なことに2009年9月現在日本からの直行便はありません。そのため、サンフランシスコやロサンゼルスなどの西海岸で1度乗り換る必要があります。

ラスベガスは街の規模が小さいため基本的に徒歩での観光が可能。また、観光用の無料・有料モノレールやバスも充実しています。そして、夜になると街中がライトアップされ明るい上に、街にいる8割以上の人が旅行者なので、治安も大変よく、夜遅くまで遊んでも問題なし。このため、ラスベガスは全米一旅行者が遊びやすい街と言っても過言ではありません。

ラスベガス観光の中心は通称The Strip(ザ・ストリップ:以下ストリップと呼ぶ)と呼ばれるラスベガスブルーバード沿い。カジノホテルやショッピングモールなど、ラスベガス内のほとんどの見どころがこのエリアに集中しています。

この記事ではストリップエリアに加えて、カジノが建設され始めたころ栄えていたラスベガスダウンタウン、最近リゾート地としてセレブに人気のレイクラスベガスなどの郊外、そしてほとんどの旅行者がラスベガスとセットで訪れるグランドキャニオン国立公園をご紹介します。