7日目: 世界遺産エリアのモンキーマイアとシャークベイへ

朝、モンキーマイアへ飛行機を利用した1日ツアーに参加。ツアーでは野生イルカの餌付けをしたり、貝殻でできたシェルビーチにも訪れます。

ツアーによっては、シェルビーチの代わりに地球上で初めて酸素を作った生物ストロマトライトが生息するハメリンプールや帰路にピナクルズへ立ち寄るものもあります。

ただ、どのツアーも軽飛行機を利用することと、料金が900オーストラリアドル前後と少々高めなのがネック。移動や料金について不安に思う人は、パースからフェリーで手軽に行けるロットネスト島観光もおすすめです。この島にのみ生息するかわいい有袋動物クォッカにも会えますよ! 夕方パースに戻ったら、市内を散策。

8日目: 憧れの世界遺産ウルル-カタジュタへ

午前中、国内線でパースからエアーズロックへ、飛行時間は約2時間15分。上の世界遺産満喫コース3日目を参考に、充実したウルルの1日を。

9日目: ウルルを満喫し、ケアンズへ

ウルルの日の出を見るサンライズツアー等は上の世界遺産満喫コース4日目を参照のこと。

午後、国内線でエアーズロックからケアンズへ、飛行時間は約2時間半。夕方、ケアンズ到着。

10日目: 世界遺産の熱帯雨林を散策

上の東海岸周遊コース1日目を参考に、世界遺産の熱帯雨林とケアンズの街を満喫!

11日目: ハミルトン島でグレートバリアリーフの休日

朝、国内線でケアンズからハミルトン島へ、飛行時間は約1時間。午前中には到着しますので、12時出航のホワイトヘブンビーチ半日ツアーに参加!

真っ白な砂浜と天国のように美しい無人島のひとときを満喫し、夕方ハミルトン島に戻ります。

グレートバリアリーフに浮かぶリゾートアイランドの夜は、満天の星空が待っています!

12日目: ブリスベンへ、夜は土ボタルツアー

午前中はハミルトン島内を散策。午後、国内線でブリスベンへ向かいます。飛行時間は約1時間半。ハミルトン島からゴールドコーストへの直行便はないので、ブリスベン空港から約1時間程度のドライブです。

夕方までにはホテルに到着できると思いますので、この日の夜に土ボタル・ツアーに参加するのがおすすめ。

13日目: ゴールドコーストのビーチを満喫

オーストラリア最後の日は、 ゴールドコーストの美しいビーチでのんびりと。早起きをして熱気球に乗ったり、コアラ抱っこに行くのもおすすめです。

翌朝、ブリスベンまたはゴールドコーストから日本へ帰国。お疲れ様でした!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。