猫の気持ちが、とてもわかりやすいのが耳。

変幻自在に動く耳は、その時々の猫の気持ちを表していますが、同時に目やヒゲの動きにも注目してみると、もっと正しく猫の気持ちが理解できます。

猫の耳はとても性能がよいので、人間が聞こえない物音をキャッチして、瞬時に変化します。
今回は、猫の耳で『猫の気持ち』を読み解いてみましょう。

降参!わたしの方が弱いのよ~

シッポをピンと立ててスリスリは?

かすかに喉を唸らせて、威嚇してるつもりだけれど…
怖いだけでなく、敵意はないのよ。これ以上近づいてこないで!
と、懸命にアピール中です。


シッポをピンと立ててスリスリは?

自分より幼い子ねこ相手だけど、後からここに来たという順列があるので、とりあえず降参のポーズ。
耳を寝かせて、身体を低くし戦意がないことを伝えています。

シッポをピンと立ててスリスリは?

こちらも同じシュチュエーション。
遊びだけど負け続けているの、これ以上続けたくない、もう止めにしませんか?
と、アピール中。