猫って、何考えてるんだろうな~
って、想像すること、ありませんか?

言葉でしゃべってくれたら、便利だけど、もしかしたら少しウルサイかも?(笑。

猫の言葉はわからないけれど、猫のボディランゲージを理解すると、猫との気持ちがもっと通じるようになります。
今回は、猫のシッポで『猫の気持ち』を読み解いてみましょう。

シッポをピンと立ててスリスリは?

シッポをピンと立ててスリスリは?

短いシッポでも、上向きに立てて、足下をスリスリ。
これは、大好きな人にご挨拶しにきているところです。


シッポをピンと立ててスリスリは?

友好関係にある猫同士も、同じようにシッポを立ててすり寄っていきます。
一説には、シッポをあげることで、お尻のニオイを嗅ぎやすくさせて相手に敵意がないことをしめしている、とあります。
子猫は母猫に対して、必ずシッポをあげて近寄っていきますのでその名残もあるでしょう。

シッポをピンと立ててスリスリは?
でも、本当は…

額やお尻の付け根にある臭腺から、人間にはわからない程度のニオイを出してそれを相手にすりつけているのです。

シッポを立ててスリスリは、もちろん友好的な挨拶ではありますが、それ以上に「これはわたしの所有物」というマーキング行動でもあります。