『ジュルのしっぽ-猫日記』インタビュー前半はこちら→

「ジュルのしっぽ-猫日記」に掲載するときのこだわりは?

hana*さん:猫のblogは、癒しのあるサイトが人気ですよね。
だから、私たちもできるだけほげほげぇ~とした癒し系の写真を撮るようにしています。

ご主人:でも最近は僕たちも伝えたいことがあるので、野良猫系の話題も掲載していますよね。
そうすると、アクセス数がサッと減るんです。
話題によってすごく顕著にアクセス数に出ますね。

ジュルのしっぽはこういうほげほげ系のblogだ~、とみんなが思っていると、僕たちは野良猫の話題を掲載するんですよ。
それでアクセスが減ると、またほげほげに戻す(笑)。

ジュルちゃん
ジュルちゃんのほげほげ感が人気の秘密!

野良猫系の話題を掲載して、なにか変化がありましたか?

hana*さん:最初は地域猫のことに本気で取り組んでいる人たちからの、キツイコメントがありましたね。
でも、だんだん柔らかくなってきた。

保護活動を真剣にやられている方々は、最初私たちのような素人が何を始めたんだ、って見ていたらしいです。
でも最近 「素人ながらよく頑張っているわね」ってコメントがありました。

それに、今まで野良猫をみてかわいそうと思っていても、自分では何もできない、と思っていた人も何かできるんじゃないか、って思ったって。
パブリックコメントを紹介してみたら、「こういう事だったら、自分でもできる」って。

見ないで済むことは見たくない、ってありますよね。
でも、私も何かしたい、と思ってくれる人がいる。
このブログを参考にしながら「私にもできた」と。
何かできる切っ掛けにはなったんじゃないかな?って思います。

東京都方殺処分の見解について返答をいただいて掲載してるでしょう。
これにも、すごいコメントがたくさん来ましたよ。
「行政はあなた程度の活動で動いてくれるわけじゃないじゃない」とか。
そんなコメントを読むとボディブローのようにじわじわ効いてくるんです。
ずっとそう言うのばっかり読んでいると滅入ってきます。

今1万クリックを目指しているでしょう。
あれは、まだ発表してなかったけど、東京都が今月中にやる審議会に提出したいんです。
ワンクリック募金のように、あの記事を見てくれた人がこれだけいるんですよ、って。
これだけアクセスがあったことを、無視しないでください。って。
今自分たちでてきることなので、やっているんです。

でも、1ページだけで1万クリックはなかなか難しい。
1万にしなきゃ良かったね、って(笑)。

ジュルちゃん
ジュルちゃん、おもちゃへの反射神経もなかなか!

その後の、公園猫は?→