外はキツイよ
外はキツイよ

【これからネコと暮らす方へ-Vol.2 外は危険がいっぱい!!】では、外に出さないよう注意していても起きてしまった事例です。
【ネコを外に出すこと-本当の加害者は誰?!】では、「こんなことが起きるなんて。。。」という想像力欠如の上の悲劇を取り上げます。

ネコを大切な家族、と思うのであれば、どうやって飼うことがネコの幸せにつながるか様々な事を想像しながら飼う必要があることを考えてみたいと思います。

ケース3.除草剤・薬物中毒

帰宅時の道ばたに小さな小さな子猫がうずくまっていました。ピクリともしなかったので、てっきり死んでいると思いましたが、そのままにしておくのも哀れに思い、触ってみると子猫はまだ小さく息をしていました。
Nさんは自宅に連れ帰り、ネットで子猫のケアの仕方を調べ、スポイドでミルクを与えたり世話を始めました。

子猫は徐々に体力を取り戻しましたが、彼が住んでいたのはワンルームのペット不可のアパート。
もう少し元気になったら里親を捜そうと思い、しばらくの間内緒で飼うことにしました。

子猫はどんどん元気になり、Nさんに懐き、情が移ってしまったNさんはこのまま飼い続けようと決めました。

ネコを拾って5ヶ月位経ったある日、ガスのメーター交換でNさんの部屋に入った大家さんに、ネコがいることを知られてしまいました。大家さんは規則なので、ネコを手放すかNさんが出て行くように迫りました。
そのときのNさんには引っ越す余裕がなく、といって直ぐ里親さんを探すこともできず、仕方なしに彼はネコを外に放しました。

ネコは毎晩Nさんが帰宅すると、アパートの階段で待っていて、部屋に入れて欲しそうに鳴きました。
Nさんは、ペット可の物件に引っ越しできるように貯金を始めました。
彼は、部屋にネコを入れることはしませんでしたが、毎晩アパートの裏でネコに餌をやり続けました。

ある日、毎晩いるはずの場所に、ネコの姿が見えません。ネコは彼の部屋の前の廊下で大量の吐瀉物にまみれて息絶えていました。吐いたものの中に、たくさんの草がありました。
数日前、大家さんが除草剤をまくという回覧板を回していたことを、Nさんは思い出しました。

その子を飼うと決めたときに、ペット可の住宅に越そうと努力しなかった自分を…
せめて、除草剤の回覧が回ってきた後に、室内に隔離しなかった自分を責めました。

急性薬物中毒の恐怖

除草剤や農薬は、ネコが直接口にしなくても、手足に付いたものを舐めることで体内に入ってしまいます。
特にネコは自分の胃腸を整えるために、好んで草を口にします。
外から帰ってきたネコの具合が悪そうなときは、薬物中毒の可能性もあります。
薬物で急性腎不全に罹る可能性もありますので、おかしい?と思ったら直ぐに獣医さんに相談してください。
ここの草は安全???!
ここの草は安全???!

次のページは、ケース4.「不幸な加害者をつくる可能性もあります」です!