1/2/3

2.第2章:ディナー料理の満足度で選ぶ

どちらのクルージング船も、船体の豪華さや夜景だけでなく、本格的な調理設備を備えたレストラン船であることも自慢です。手軽なバイキング料理から、船上とは思えない程に豪華なフルコースまで、どちらもバリエーションは豊富。今回は『とっておきデート』の視点から、料金がほぼ同じディナー料理コースをセレクトし比較してみましょう。

最高峰"佐賀牛"による~南仏プロヴァンスへの誘い

とっておきデートの王道は、やはりフランス料理のフルコース。『シンフォニー』では、『フランス料理Aセット~南仏プロヴァンスへの誘い』(フルコース)17,000円(乗船料、料理、サービス料、消費税込)をセレクト。紺碧の空と眩いばかりの陽光、プロヴァンスの自然のように裕で健康的なフランス料理を堪能できる。
※南仏プロヴァンスへの誘い+佐賀牛ステーキ(2007年9月2日までの期間限定メニュー)

世界のグルメがうなる蘇敬梨氏による超本格広東料理

『ロイヤルウイング』最大の魅力は、広東料理とも言われる。ロイヤルウイングの総料理長は、本場中国飯店協会から最高位である『中国烹じん大師』の称号を得た『蘇 敬梨(ソ ケイリ)』氏。世界でも約20名しかいない最高の料理人が、中華街の老舗にもない4万KWの大火力を誇る船内厨房で創りだす超本格広東料理。
今回は、5時間もの時間をかけてじっくり煮込んだ総料理長自慢の厳選フカヒレの姿煮の健康スープを始めとし、特選和牛サーロイン、特選アワビ、特選伊勢海老など、すべてに「特選」食材を使用した豪華なコース『香港美食コース』(15,750円+乗船料2,100円=合計17,850円)をセレクト。

どっちの料理 de SHOW!

ここでの勝負は・・・料理の質や内容、雰囲気とも双方申し分なく、ジャンルも異なるため単純に比較するのは不可能だった。

『シンフォニー』のフランス料理は、見た目も華やかでいかにもとっておきのデート風で、船の雰囲気にもよくマッチしまさしく「特別なデート」を存分に演出してくれる。特にブランド牛の中でもトップレベルの黒毛和牛に君臨する"佐賀牛"のジュージーな肉の味わいは、まさに最高級の栄冠にふさわしい。

『ロイヤルウイング』の広東料理は、前評判どおりの過去に味わったことがない美食のオンパレード。大人の男性でも食べきれない程のボリュームだが、こんなに美味しいものを残すなんてあり得ない!特にフカヒレスープと杏仁豆腐のおいしさが、今なお忘れられない。。。

どちらも非常に満足度が高く、正直「お好みで」としか言いようがないので、ここは引き分けとしよう。
≫最終章:夜景クルージングとして選ぶへ