【 『横浜ベイクォーター』デートマニュアル 】
1. 横浜ベイクォーターの特徴と楽しみ方
2. 最新デートシーンでの活用プランと癒し系2店舗
3. 『海』を感じるおすすめレストラン&メニュー
掲載情報は2006年8月22日現在のものです
2006年8月24日(木)横浜港を望むウォーターフロント、横浜駅きた東口にオープンする、注目の大規模商業施設『横浜ベイクォーター』。先日行われた報道向け公開に、横浜ガイドの田辺さんと一緒に参加。施設の特徴と楽しみ方、横浜デートでの活用プラン、おすすめのレストランをご紹介します。
1.横浜ベイクォーターの特徴と楽しみ方
横浜ベイクォーター』は、『タラソテラピー スパ』『ヨーガ』『ヒーリング』など女性に嬉しいテナントや、ショッピングやデッキで食事ができるレストランなど『美・交・創』をテーマにしたテナント75店舗が出店します。
写真提供:テルムマラン
写真提供:テルムマラン

ライフストライプ×横浜

施設共有部には、人気デザイナー"ニーナ・ヨブス"氏による『壁・天井デザイン』、3・4・5Fの壁に設けられた『ギャラリーBOX』、横浜ゆかりの人・動物・モノの生活を21色で表現した『ライフストライプ×横浜』などを取り入れ、歩きながらアートを堪能できる工夫が。特に駐車場壁面に設けられた様々なライフストライプに注目。中田市長(B1F)やプロ野球の三浦大輔投手(2F)、プロゴルファーの大塚有理子(1F)、横浜ズーラシアのオカピ(2F)などを探して歩きましょう! 20060822プレビューD30撮影
自分のライフストライプを
想像して比べてみるのも楽しい
≫次は新施設活用デートプランと癒し系2店舗の紹介です