MacをWindowsの外付けハードディスクとして使う

IEEE1394ポート(FireWire)が装備されているWindowsパソコンならば、MacとIEEE1394ケーブルで接続することで、Macを外付けハードディスクとして使うことができます。
※FireWireポートを持たないMac(MacBook Airや2008年版のMacBook)では使用できません。

●必要なもの
  • IEEE1394ケーブル x 1
    使用するWindowsパソコンのピン数とMacのピン数を確認し、両方に一致するものを探しましょう。多くの場合Windowsパソコンが4ピンで、Macは8ピンとなります。
    ピン数の違いについてはWikipediaに詳しく載っているので確認してください。
 
【作業の流れ】
  1. MacのハードディスクにMS-DOSパーティションを作成する
  2. WindowsパソコンとMacをIEEE1394ケーブルで接続する
  3. Mac OS Xの「システム環境設定 - 起動ディスク」を開き、「ターゲット・ディスク・モード…」をクリックして「再起動」ボタンを押します。
  4. WindowsパソコンにMacがハードディスクとして出現するので、1で作成した場所にファイル類をコピー
  5. コピーが終わったら、Macの電源ボタンを10秒以上長押ししてMacの電源を切り、再度電源ボタンを押してMacを起動します。

上記作業の流れのうち、「1.MacのハードディスクにMS-DOSパーティションを作成する」の手順を以下に示します。

解説:MacのハードディスクにMS-DOSパーティションを作成する
Mac OS Xの「ディスクユーティリティ」を使用して、Windowsで読み書きできるMS-DOSパーディションを作成します。

※Mac OS X v10.5以降ならばハードディスクの内容を残したままパーティションの変更ができるためバックアップは必要ありません。

  1. アプリケーション > ユーティリティ にある「ディスクユーティリティ」を起動する
  2. 左側のハードディスクのアイコンをクリックして選択
  3. 「パーティション」タブをひらき、左下にある「+」ボタンをおしてパーティションを追加します。
  4. 追加されたパーティション(下記画像では「Macintosh HD 2」)をクリックし、境界線をドラッグしてバックアップしたいWindowsのファイル類をすべてコピーできるだけのサイズに調整し、「適用」ボタンを押します。
  5. Macのハードディスクを複数のパーティションに分割します(クリックで拡大)

    Macのハードディスクを複数のパーティションに分割します(クリックで拡大)

  6. 新しく作成されたハードディスク(下記画像では「Macintosh HD 2」)を左側のディスク一覧からクリックして選択します。
  7. 「消去」タブを開きフォーマット「MS-DOS(FAT)」にして「消去…」ボタンをクリックします。
  8. MS-DOS(FAT)にすることで、WIndowsからアクセスできるようになります(クリックで拡大)

    MS-DOS(FAT)にすることで、WIndowsからアクセスできるようになります(クリックで拡大)