究極のエンタメホテル、アトランティス・ザ・パーム

アトランティス・ザ・パーム
パーム・ジュメイラ第一号ホテル アトランティス・ザ・パーム© Copyright 2008 KERZNER INTERNATIONAL HOLDINGS LIMITED

2008年9月24日、椰子の木を模った人工島『パーム・ジュメイラ』で記念すべき第1号のホテルが待望のオープンを迎えます。エンターテイメント施設を兼ね備えた超巨大リゾート『アトランティス・ザ・パーム』です。今回は総工費55億ディルハム(約1,650億円)をかけた話題集中の『アトランティス・ザ・パーム』オープン直前必見情報を凝縮してお届けします。

バハマの人気ホテル『アトランティス』ドバイ上陸!

ロイヤルタワー・グランドロビー
ロイヤルタワーのグランドロビーに堂々と建つ、デイル・チフリー作のオブジェ© Copyright 2008 KERZNER INTERNATIONAL HOLDINGS LIMITED

2008年9月24日、大型ホテル経営・レジャー産業をビジネスの基盤とする南アフリカの『カーズナー・インターナショナル・リミテッド』とドバイの大手デベロッパー『ナキール』が55億ディルハム(約1,650億円)かけて『アトランティス・ザ・パーム』をオープンします。

『アトランティス・ザ・パーム』は、椰子の木を模った人口島『パーム・ジュメイラ』でオープン第一号となる巨大リゾートホテルです。ドバイ初の大型エンターテイメント・リゾートと言うこともあり、着工当初から注目を集めていました。

『アトランティス・ザ・パーム』は、カリブ海のバハマにある超人気リゾート『アトランティス・パラダイス・アイランド』の初めての姉妹ホテルとして建設され、ウォーターパークの『アクアベンチャー』、さんご礁の展示などを楽しめる『ザ・アンバサダー・ラグーン』、海中の世界を目の当たりに出来る『ザ・ロスト・チャンバーズ』、そしてイルカと触れ合える『ドルフィン・ベイ』の4つのテーマから構成されています。

施設内の4,200万リットルの塩水が入った水槽には、65,000以上の海の生き物たちが共存していて、ところどころにファンタジックなオブジェやメルヘンチックなインテリアなど見所満載です。

実際に見て、個人的に気に入ったのが人魚姫の絵本の世界に存在しそうなロイヤルタワーのグランドロビーにあるガラスの芸術作品です。飴細工のような繊細で美しい2年かけて作られた10メートルの高さのこのオブジェは、3,000枚のガラスから出来ているとのこと。

合計1,539の客室からなる巨大ホテルリゾート

アトランティス・ザ・パームのスタンダードクイーン客室
アトランティス・ザ・パームのスタンダードクイーン客室© Copyright 2008 KERZNER INTERNATIONAL HOLDINGS LIMITED

リゾート気分を盛り上げてくれる客室はスタンダードからスイートまで合計1,539室。どの部屋からも『パーム・アイランド』からの素晴らしい眺めが楽しめます。

1,539室ある客室の中でも宿泊客を驚ろかす仕掛けとなっているのが、窓からの眺めが海の底(大型水槽に連結)になっている『ネプチューン・スイート』。海底の世界を体験できるこのスイートは、一生の記憶に残るような滞在をしたいという方におすすめです!

ドバイに来たのだから最高にラグジュアリーなスイートに泊まりたいという方には、ホテル内で最も豪華な客室『ブリッジ・スイート』がよいでしょう。24時間対応のバトラーが常駐し、きめ細かなサービスをいつでも提供してくれます。『ブリッジ・スイート』には、専用のプライベート・エレベーターも完備されているので、プライバシーがしっかり守られるとのこと。

最新型のテレビが6台に金箔が施された巨大ダイニングテーブルなども完備されていますが、いったいどんな人たちが宿泊するのでしょうか?

気になる『ブリッジ・スイート』のお値段は、1泊91,800ディルハム(2008年7月現在発表の価格)!日本円で約2,754,000円となっています。

次のページでは、アトランティス・ザ・パームの実力派レストランをご紹介します。