初秋の奈良は、
素朴な花が魅力

般若寺の十三重塔は、コスモスに囲まれてひっそり建っています。それほど有名ではないけれど、初秋にお勧めの素敵なお寺です
関西のお寺というと、皆さん、なぜか京都にばかり目が行くようですが、奈良にだって、それは素敵なお寺がたくさんあります。日本の歴史を考えたら、京都より奈良の寺の方が当然由緒が古く、見どころもたくさんあるのに、なぜ、もっと奈良に行かないのでしょうか。

それは、ひとつには、奈良が京都にくらべて宣伝が下手で、奥ゆかしすぎるということがあります。京都に負けない素敵なお寺や風景がたくさんあるのに、あまりそれを声高に言わないので、どうしても訪れる人が少なめになります。しかし、それだからこそ、奈良には、京都にはない素朴な魅力が残っているのです。

とりわけ奈良は春と秋が素敵です。桜と紅葉? もちろんそれも素晴らしいのですが、奈良には、それとは違う春と秋の魅力もあります。春なら田んぼのレンゲやシロツメグサ。秋なら、コスモスや萩や彼岸花などが自然な感じで咲き乱れ、お寺やその周辺の景色を、いっそう心癒されるものにするのです。今回ご紹介するのは、飛鳥、般若寺、元興寺など、歴史的にも古く、深い物語を秘めた場所ばかり。中でも元興寺は、実は、日本最古のお寺です。

日本最古の寺、元興寺は、萩や彼岸花の名所です


わたしが一番好きなコスモス風景は
飛鳥にあります

コスモスは強い花で、それほど手をかけなくてもたくさん咲きます。でも、どこか寂しげなところもあり、初秋の奈良に似合います。わたしのお勧めは、まず飛鳥。飛鳥は言うまでもなく日本最古の都で、地中には、まだまだ遺跡がたくさん眠っています。そのためか、今も高い建物はほとんどなく、どこまでも田園が続くのどかな場所です。自転車でのんびり走っていると、そこここで、こんなコスモスの群生に出会います。

2006年の10月下旬に撮影した飛鳥のコスモス畑

場所はこのあたりでした。他にもコスモス畑は多いので、サイクリングしながら探してみてください。

こちらは、飛鳥の川原寺前のコスモス

秋の飛鳥はススキの群生も美しい


コスモス迷路のあるお寺

飛鳥巡りのついでにぜひ寄っていただきたいのは、桜井市の近くの安倍文殊院。こちらも四季の花で有名なお寺ですが、とりわけ、9月上旬から開花するコスモスの巨大迷路が人気です。10月下旬まで楽しめるそうなので、ぜひ、行ってみてください。とてもかわいらしいけれど、ものすごく巨大な文殊菩薩像も見どころですよ。

コスモス迷路の写真はこちらです。

■安倍文殊院
・所在地:奈良県桜井市安倍山
・交通・アクセス:JR桜井駅より徒歩20分
・地図:Yahoo!地図情報
・HP安倍文殊院

次のページは奈良市街地に近いコスモスのお寺、般若寺です。コスモスの海に浮かぶ塔やお堂の写真をごらんあれ。