東京都心部にも
季節の花を楽しめる
お寺や神社があります

お寺や神社で季節の花を楽しみたい場合、多くの方は、鎌倉や京都まで出かけます。でも、実は東京都心部にも、気軽にお花見を楽しめるスポットが案外たくさんあります。今回は、4月下旬からゴールデンウィークあたりに楽しめそうな、ボタンとつつじの名所をご紹介しましょう。

文京区根津神社のつつじ園


●新宿区下落合の薬王院のボタン
●台東区上野公園内の東照宮ボタン園
●文京区根津神社のつつじ祭り
●江東区亀戸天神の藤祭りの様子もご紹介しています。 こちらのページもごらんください。

★ただし、花の咲き具合は年によって違うので、どんな状況かは、各自確認の上、お出かけくださいね。


薬王院のぼたんは
奈良の長谷寺から移植されたもの


薬王院の門

新宿区の下落合にある薬王院は、奈良の有名な寺、長谷寺の末寺に当たります。長谷寺は、山際にあって、本堂まで上って行く登廊の両側に咲くボタンの花の美しさで有名です。

その長谷寺から昭和41年に100株のボタンを移植して、薬王院は、東京のボタンの名所になりました。現在では、40種類、1000株にまで増え、満開時には、東京の都心部とは思えない、風雅な風景を作り出しています。わたしは、数ある奈良の寺の中でも長谷寺が特に好きなのですが、なかなかぼたんの季節に合わせて行くことができないので、家から電車で30分のこちらで、プチ長谷寺な気分に浸ることにしています。

ぼたんの花は石段に沿って咲いています。この風景が、ちょっとだけ奈良の長谷寺に似ているかも


下落合あたりは、古くは文化人が多く住むところで、現在も、静かな住宅街になっています。お隣には、「下落合野鳥の森」という自然を残した公園もあって、ちょっとお散歩に出かけるのに最適です。

訪ねたのは2007年の4月15日の日曜日。まだそんなにたくさんは咲いていませんでしたが、いろいろな色の花があって、とても優雅なそぞろ歩きが楽しめました。

赤いぼたん
紫色のぼたん


ピンクのぼたん
藤色のぼたん


■薬王院
・所在地:東京都新宿区下落合4-8-2
・交通・アクセス:西武新宿線 下落合駅より徒歩5分
・地図:Yahoo!地図情報
・TEL:03-3951-4324
・HP東長谷寺・薬王院
・拝観料 無料


次のページでは、東京のもうひとつのボタンの名所、「上野東照宮ぼたん苑」を訪ねます。