さすが鎌倉
お寺の中に、おしゃれなレストランがあるなんて!

建物縦
お寺の奥に、謎の洋館発見
早春のある晴れた午後、友人と鎌倉のお寺巡りをしていて発見! 浄妙寺という静かなお寺の奥に、えらくおしゃれな洋館風の建物があります。「確かに鎌倉には西洋風の建物が多いけど、それにしても、何でお寺に洋館が?」と思いながら近づいてみると、何と、その建物はレストランでした。しかも、近隣の奥様方に大人気らしく、もう2時を回ったというのに、けっこう混雑しています。

●お寺の話より、ここで何が食べられるか知りたい方はこちらをクリック!


まずは、浄妙寺についてのお話から

浄妙寺
浄妙寺は、鎌倉五山の名刹
さて、ここでは何を食べさせてくれるのだろう。はやる気持ちを抑えつつ、まずは、浄妙寺がどんなところかについてお話しましょう。わたしはグルメ研究家ではなく、寺旅研究家ですからね。

こちらは、12世紀のはじめごろに足利義兼という人が創建した、鎌倉五山第五位の寺です。ところで、その鎌倉五山って何でしょう。五山とは、禅宗の寺の中で最高位の格付けをされた五つの寺という意味で、言うなれば、禅寺のトップ5。ルーツは中国で、まず京都が真似っこをして南禅寺、天竜寺などを京都五山と定めました。さらに鎌倉が真似をして、建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、そしてここ浄妙寺を鎌倉五山としました。

●円覚寺、浄智寺については、「梅見は早めに、いざ、鎌倉へ」もごらんください。


季節の花を愛でる静寂な空間

桜
花の咲く木がとにかく多い
何せトップ5の寺なので、室町時代には七堂伽藍を備え、その他の小さな寺もたくさん建っていました。現在では、建物はあまり多くありませんが、その分、18世紀に再建された本堂を中心とした空間が広々とし、椿、牡丹、百日紅など花木の多い美しい寺です。今回は2月末のウメの季節に行ったのですが、シーズンごとに訪ねて、花を愛でたいですね。

茶堂
茶堂喜泉庵
本堂左手に茶堂喜泉庵[きせんあん](電話:0467-22-8638)があり、お抹茶(500円)をいただけます。枯山水庭園のお庭もきれい、石が敷き詰められたアプローチも、なんとも言えず、ゆかしいです。京都にも茶室を備えたお寺はあるけれど、鎌倉の場合、海に近いせいか、どこか空気感が明るくて、それがまた、いいんだな。


石道
喜泉庵に続く、ゆかしい小道
<DATA>
■浄妙寺
・所在地:神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
・交通・アクセス: JR鎌倉駅東口→京浜急行バス金沢八景駅・鎌倉霊園正面前太刀洗・ハイランド循環行きで8分、バス停:浄明寺下車、徒歩3分
・地図:Yahoo!地図情報
・TEL: 0467-22-2818
拝観料 100円 (レストラン石窯ガーデンテラスに行く場合も必要です)


次のページは、境内のレストランで食べられる美味しいパンのお話です。