旅行という目的で訪れるとしても、アメリカ人との交流は少なからずあるもの。挨拶やジェスチャーなどが違うので驚き戸惑うこともあるでしょう。より、スマートに旅をするために、知っておくと便利なマナーや常識などをご紹介します。

ハグ
男同士でもがっしりと抱き合うアメリカ流の挨拶、ハグ


アメリカ特有の文化、チップ

チップ
飲み物やコートなど小さなものにでも1ドル程度払う
サービス料を気持ちとして払う国は数多くありますが、チップを義務付けている国はアメリカだけかもしれません。以下は、一般的な目安となっていますので、参考にしてください。

  • レストラン……合計金額の15%~20%(税額の約2倍と考えると簡単)

  • ホテルのベルボーイ……荷物一つにつき$1~$2

  • ルームメイド……ベッド一つにつき$1

  • バーテンダー……ドリンク一杯につき$1

  • ポーター(バレーパーキング)……車一台につき$1

  • コートチェック……$1程度

  • カジノディーラー(ラスベガス)……勝った金額から少し渡す


  • 男性は特に注意!レディーファースト

    日本と欧米諸国の大きな違いと言えば、レディーファーストという文化。これは、男性の方は最初は戸惑うかもしれませんが、心がけた方が良いでしょう。タクシーに乗り込む時、レストランで席に案内された時、コートを脱ぐ時…どんな場合でも女性を優先にすれば、まず問題はないでしょう。失礼だと意識していなくても、男性がさっさとエレベーターに乗ったりすれば、アメリカ人は必ず眉をひそめます。
    また、レディーファーストと限らず、ドアを他人のために押さえてあげるなども心がけましょう。


    レストランでの会話

    ウェイター
    笑顔で返しましょう
    食事中にウェイターが突然やってきて「How's everything?(すべて順調ですか?)」と大体聞いてきます。そのとき、水を頼んだりするのに良いチャンスですが、特に何も無い場合は、「Great. Thank you」などと笑顔で返しましょう。食事があまり美味しくない、満足していない場合も「Fine(まあまあです)」程度で返すのが常識です。もちろん、問題がある場合を除いてですが。

    その他、道を歩いていると他人に「ハロー」と言われることや、少し親しくなった人から男女問わずハグを求められることも。日本人にとってみれば、少々度肝を抜かれる行為ですが、笑顔で応じて見ましょう。心の広いアメリカ人のこと、あたたかく受け入れてくれるはずです。

    【関連リンク】
    アメリカのマナー&エチケット
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。