2位:西洋美術のコレクションが素晴らしいノートン・サイモン美術館

入り口
入り口前のロダンの彫刻が上品な雰囲気を引き立てる。
©Norton Simon Entities
ロサンゼルスから車で20分ほど走ると、鬱蒼とした常緑樹の森が目の前に広がります。中世のヨーロッパを思わせる橋を渡ると、そこは高級なパサデナのオールドタウン。街全体が上品な雰囲気に包まれているこのエリアは、評判の良いレストランやショップが多く集まっていることで人気です。

オールドタウンの入り口近くにあるのが、ノートン・サイモン美術館。エントランスに続く小道にはロダンの名作が出迎える、落ち着いていてセンスの良いギャラリーです。

大富豪ノートン・サイモンがパサディナ美術館を買い取り、自らのコレクションを加えて1924年にオープンした個人美術館。ノートン・サイモン自身のコレクションもワシントンのナショナル・ギャラリーに展示されていたクオリティーの高いものばかり。

展示室
ドガ、モネ、ピサロの作品は印象派の展示室にある
©Norton Simon Entities
展示物はバロック期のコレクションが充実していて、20世紀の作品もドガやピカソ、ゴッホ、カンディンスキー、モネ、ゴヤ、ルソー、マチスによる名作ばかり。日系人イサム・ノグチの作品も必見です。建築家フランク・ゲーリーが設計したティーハウスが中庭にありますので、是非立ち寄ってみましょう。 

<DATA>
■Norton Simon Museum of Art
  • 所在地:411 W. Colorado Blvd., Pasadena, CA

  • TEL:(626) 449-6840

  • 開館時間:12:00 pm~9:00 pm (金~9:00 pm 火曜休み)

  • 入場料:$8(毎月第1金曜の6:00 pm以降 無料)

  • ウェブサイト:www.nortonsimon.org



  • 3位:広々とした元大富豪の邸宅、ハンティントン・ライブラリー

    図書館
    希少価値の高いコレクションで知られる図書館。
    ノートン・サイモン美術館から車で10分のサンマリノ市にあるハンティントン・ライブラリーも是非訪れたい美術館のひとつです。

    元々、鉄道事業で大成功を収め、不動産王でもあった大富豪ヘンリー・ハンティントンの邸宅で、1928年より一般公開されています。1200エーカーもある敷地内は、美術館、図書館、植物園に分かれており、個人の邸宅とは思えないほどの広さ。また、目を見張るほど希少価値の高いコレクションの中には、シェークスピアやエドガー・アラン・ポーやチョーサーなどの自筆の原稿などが含まれ、美術館にも世界中から集めた絵画や家具などが展示されています。

    日本庭園
    手入れの行き届いた日本庭園はいつ訪れても美しい

    広大な庭園には、質素な雰囲気で評判の良い日本庭園をはじめ、様々な種類のバラをティールームから鑑賞できるバラ園やサボテン園などがあり1,400種類の植物が生息します。

    <DATA>
    ■Huntington Library
  • 所在地:1151 Oxford Dr., San Marino, CA

  • TEL:(626) 405-2100

  • 開館時間:12:00 pm~8:00 pm (金~9:00 pm 火曜休み)

  • 入場料:$8(毎月第1金曜の6:00 pm以降 無料)

  • ウェブサイト:www.huntington.org


  • 次のページでは、ロサンゼルスで最も有名な2つの美術館を紹介!