ロサンゼルスと言えば映画などのエンターテイメントのイメージが先行しがちですが、最近では芸術面でも注目されています。広大な土地を駆使した建築が魅力的な美術館や、市の至るところに点在するアートギャラリーなど、様々な場所でアートに触れることができます。

屋外劇場や美術館内にある中庭など、南カリフォルニアの恵まれた気候であるからこそ気持ちのいい空間がプロデュースされています。また、石油王や鉄道王など、富豪たちの財力で建てられた美術館はとてもきらびやか。ロサンゼルスでしか味わえないダイナミックなアートを堪能しませんか?

ゲッティ・センター
広々としたゲッティ・センター。ロサンゼルスの見晴らしが素晴らしい。©2003 J. Paul Getty Trust


1位:解放感溢れるゲッティ・センター

ファンたち
夕日を見ながらのジャズ鑑賞はロマンチック。建物もライトアップされて素敵。©2000 J. Paul Getty Trust
ブレントウッドの丘の中腹に位置する巨大な白亜の建物が印象的。駐車場からトラムで丘を登っていくと、乗客は目の前に迫る広大なキャンパスに感嘆の声をあげます。600エーカーを誇る総合美術館、ゲッティ・センターは、石油王J・ポール・ゲッティの遺産1000億ドルを費やし、13年間の構想企画の末1997年にオープンしました。

デザインは、白を基調としたユニークな建築で名高いリチャード・マイヤー氏のもの。中央広場を囲む4つの展示館には、ミケランジェロ、ルノアール、モネ、ダ・ビンチなどによる17~19世紀ヨーロッパ絵画が充実しています。

ここからのロサンゼルスの街並みと太平洋の眺望は息を呑む素晴らしさ。夏の日の夕暮れには、無料ジャズコンサートも行われ、とてもロマンチックです。

年中通して世界中から訪問客が訪れるので、週末よりも平日がオススメ。入場料が無料と言うのもうれしい限り。駐車場は8ドルです。

<DATA>
■Getty Center
  • 所在地:1200 Getty Center Dr., Los Angeles, CA 90022

  • TEL:(310) 440-7300

  • 開館時間:火~木、日10:00 am~6:00 pm (金・土~9:00 pm 月曜休み)

  • 入場料:無料

  • ウェブサイト:www.getty.edu


  • 次のページでは、美しいパサデナ市にある緑溢れる美術館を紹介します。