「スキレット」って何?

フライパンは目的に合わせて使い分けるべし。
「スキレット」という調理道具をご存知ですか?見たところ普通のフライパンのようですが、持ってみるとその大きさからは「えっ?」と思うくらいのずしりとした重さ。こんな重いフライパンでは炒めものもできないし、使うのも大変!と最初は思ってしまうかもしれません。

しかしこのスキレット、実は炒めものをするためのものではありません。「重い」ということはそのぶん「厚み」があり、熱が均一に伝わりやすいということ。「じっくり焼く」といった料理に向いているのです。

お手頃価格の「BRICO」+「野田琺瑯」がおすすめ

「BRICO」のスキレットは直径20cm。小さめなのに、ずしりとした重さです。
スキレットはもともと、アウトドア用の調理器具として作られました。家庭用のものには、有名ブランドの高価なものから100円ショップで販売されているものまで様々なタイプがあります。

その中でガイドが選んだのは、「BRICO」と「野田琺瑯」が共同で開発したシリーズのもの。しっかりした品質ながら、価格が3,000円台と比較的お手頃です。

こちらのスキレットは焼く面にも琺瑯加工がほどこされているため、使用後に油を塗っておく必要がなくお手入れもラク。ただし、フチの部分のみ鉄の部分が出ていますので、そこだけには油を塗っておいたほうがよいそうです。また、空焚きをするとひび割れの原因になりますのでご注意を。

ガイド宅では、このスキレットはホットケーキとオープンオムレツ専用。次のページでは、その実力に迫ります。

このスキレットでホットケーキを焼いてみると…?>>