「メラミンスポンジ」ってどんなもの?

我が家では、「激落ちくん」を4等分にカットして使っています。
台所用のスポンジ類は種類が豊富。固め、柔らかめ、洗剤がよくあわ立つもの、洗剤不要のもの…など、改めて選ぼうとすると目移りしてしまうほど。我が家では長年洗剤用のスポンジと自然素材のタワシを使ってきましたが、最近新たに手放せなくなったものがあります。それが「メラミンスポンジ」です。

「メラミンスポンジ」とは、洗剤なしで汚れが落とせる白いスポンジ。商品名では「激落ちくん」が有名ですが、それ以外の名前のものもあります。好みのサイズにハサミやカッターでカットして、水に濡らして使うものです。普通のスポンジとの大きな違いは、消しゴムのように使うとカスが出て消耗していくところ。

それまでも見かけていたけれど、数ヶ月前に試しに使ってみたところあまりの便利さに手放せなくなりました。今回は、メラミンスポンジのガイドおすすめ使用法をご紹介します。

ガイドの使い方その1:茶渋落とし

紅茶党なので、茶渋落としは悩みの種でした。でもこれさえあれば!
カップや湯のみについてしまった茶渋、どうやって落としていますか?私は家事を始めた10年ほど前は「たまに漂白剤に漬ける」という方法を採用していました。しかしこれだと面倒だし、手荒れや環境の面でも頻繁に行うのははばかられます。

次に使っていたのは、重曹。普通のスポンジにパラッと重曹をふりかけてこすると茶渋はきれいになります。これも洗剤を使わないし、いい方法だと思います。しかし、これよりさらにラクに茶渋が落とせるのが、メラミンスポンジだったのです。

メラミンスポンジを水に濡らしてこするだけで茶渋はすっきり。キッチンには重曹がすく手に取れる場所に置いてありますが、それでも重曹をふりかけるひと手間よりもメラミンスポンジの手軽さに軍配が上がる、というのがガイドの実感です。

あのホウロウ鍋の汚れ落としにも メラミンスポンジが大活躍!>>