第4位 仏教

仏教はタイ国民の心の拠り所。そしてお寺は生活と密着した大切な場所
国民の95%以上が敬虔な仏教徒のタイ。仏教はタイ人の日常生活、考え方、文化などに大きな影響を与えています。タイ語でワットと呼ばれる寺院は観光スポットとしては外せません。日本の寺院とは違い彩りも鮮やか。オレンジ色の袈裟を纏った僧侶たちは、非常に尊敬される存在です。また、タイの男性は短期間でも一生のうち1度は出家をしなければいけません。出家をしてようやく一人前の男性として社会的に認められるのです。外国人とはいえ、女性は、僧侶に気軽に話しかけたり触れたりしないよう気をつけてください。

第3位 トムヤムクン

ココナッツの果肉入りのトムヤムクンが一番味が濃厚で、ファンも多い
タイ料理の中でも一番有名な料理といえばやはりトムヤムクン。辛味と酸味、ハーブ類などの香りのハーモニーが特徴的なタイの代表料理ですね。日本ではあまり知られていませんが、実はトムヤムクンは2種類あり、「トムヤムクン・ナームコン」と、「トムヤムクン・ナームサーイ」と呼ばれています。違いはトムヤムクン・ナームコン(ナームコン:濃い水)が日本で一般的に知られている濃い赤い色をしたココナツミルク入りのトムヤムクン。辛味の中にもまろやかさが欲しい人にオススメ。トムヤムクン・ナームサーイ(ナームサーイ:透き通った水)はココナツミルクなどを使用しないのでスープの色は澄んだ色となります。こちらはココナッツミルクが苦手な人や、さっぱりした酸味の効いたスープが好きな人にオススメです。

第2位 バンコク

大都会の顔も、庶民的な顔も両方垣間見ることができるバンコク(c)タイ国政府観光庁
いわずと知れたタイの首都バンコク。メトロポリタン都市らしい近代的な雰囲気と、東南アジアらしいエネルギッシュさの両方を持ち合わせた街です。初めてバンコクを訪れた人のほとんどが「バンコクなあんなに大都会とは想像もしていなかった!」と驚くほどここ10年で急速に発展しています。最近では、ホテルの屋上を開放した幻想的なバーや、世界の有名DJが最先端ミュージックを聴かせてくれるスタイリッシュなクラブなどの刺激的なお洒落スポットも増え注目されています。グルメ、観光、ショッピング、美容や健康、夜遊びのすべてが堪能できるのがバンコクの魅力なのでしょうね。連休のたびにバンコクに羽を伸ばしにやってくるリピーターが多いのも納得です。

【関連記事】
タイ2008年祝日・祭事・イベント情報

いよいよ1位のご紹介です!